< シリーズ “想い”  その181 >

 ♪  ス   マ   ホ  ♪
【2015.8.28】
 われわれの時代はレコードで育った。そこにはデジタル音など一切なかった。安物のスピーカーでさえ、豊かで、深みがあり、温かいトーンで部屋中が包まれ、心地よい音場の中で巨匠達が奏でる魅力的な音色に心を奪われた。音楽的な内容は勿論だが、何より音色、トーンに恋をしたし、その音色への憧れが最優先された中での自己の構築というスタンスで、音楽への取り組みが自然発生の如くスムースにスタートした。しかし、今の30代のプレイヤーから下の世代の多くは、スマホでYou Tubeの映像を見て、スマホの小さなスピーカーから再生されるデジタル音を聞き、温かく包まれるような音場を知らないままに音楽への取り組みをスタートさせている。

 レコードの音はデジタル音(CD、ネット配信など)に比べ、遥かに楽器の生音に近く、自身の楽器を学んで行くに当たり、落差という点ではデジタル音に比べ当然のことながらそれはとてもとても参考になる。トーンはもちろん、ちょっとしたニュアンス、プレイヤーの息づかいなどもかなりわかり易い。はっきり言ってスマホのデジタル音では、トーンも、ニュアンスも、息づかいも、全てがよくわからない。こんな環境で次世代のプレイヤーは生音扱いのノウハウが掴めるようになる訳がない。事実、若い世代のプレイヤーの多くが実に薄っぺらい生音に加えて、どこか電気的なデジタルトーンになってしまっている。
 人はイメージされている状態をそのまま表現してしまうという特性を持ち合わせているので、日頃からデジタル音の環境で過ごしていると、当然デジタルなイメージから求めるトーンもデジタル的になってしまう。
 例えば、クラシック的なトーンではジャズをやった時に、まずスウィングしない。逆に、ジャズ的なトーンでクラシックをやろうとしても、その楽曲が求める感じに到底対応出来ないのと同じように、生音がデジタル的では当然アーコスティックな音楽はほど遠くなる。
いっそアーコスティックから離れ過ぎるくらいまでなった方が、全く新しい切り口が訪れ、新しいタイプの音楽が始まるかもしれないが、心が癒されるような音楽の登場はあまり期待出来ないだろう。


 時代は巡るのか、はたまたすっかり様変わりするのか、将来の事は全くわからないが、今現在の話では、30代前半のプレイヤーは可哀相でしかたがない。せっかくの生音の素晴らしさが楽器の方で用意されているのに、電気楽器に近い音になってしまうのだから。 縁あって、私と話をするチャンスがある若干のプレイヤーには、なるべく大きめのスピーカーで聴くようにススメるのだが、それでも源がCDだと、やはりレコードに比べて限界がある。ただし、先ほどほんの一瞬触れたが、長〜い地球の歴史を基準にすれば、違った環境になって新しいタイプの生命体が出現していくので、このデジタル方面の趣向性も長い目で見れば、地球に新しい環境が訪れ、いずれそれにフィットする音楽が登場するかもしれない。
 見方、考え方は何とでもなるだろうが、若い世代にもスウィングの心地良さを是非体験・体感してもらいたい。その為には残念ながらスマホでの学習はNG! レコードに切り替えろとは言わないが、せめていい音(生音)を出している先輩の音には注目し、何度も足を運び、成長の糧としてもらいたい。

                                新  太  郎