< シリーズ “想い”  その180 >

 ♪  同 時 進 行  ♪
【2015.7.25】
 先月のこのコーナーへの膨大な方々からの満場一致のご支持、誠にありがとうございました!! にしても、ここまで皆さんが同様に感じているということは、次のアクションはさしずめ、完璧リハ撲滅運動、ですかね(笑)
 さて、今回は独り言のいわゆる つぶやき みたいなもんなんで、それでもご支持頂ければ悦びではありますが。

 どんな世界でも効率のいい作業として同時進行というものがあるが、音楽をする時もこの同時進行は当然のことながら不可欠!
 例えば、クラシックのオーケストラでは、パート譜の読みと指揮者の指揮棒を見ながらの同時進行。単に譜面を見る時でも、現在進行中の小節の音符の的確な読譜に次の小節又は少し先の小節の先読みの同時進行。当然、自分自身のplayと共演者を聞くという同時進行も言わずと知れた話。とまあ、このような対を上げ始めるとぶっちゃけキリがない。もっとも、現場では上記の同時進行を同時進行である程度ひっくるめて行うことになるので、同時進行+同時進行となり、同時進行の項目が どころではなくなり、かなりの数による同時進行になってしまう点は確かにある。

 同時進行の学習はたいてい本番で養われる。対になっている上記のような同時進行を一つ一つ学んでいくことで、効率のいい勉強になるのは間違いない。
 Jazz界での一例をあげるとすると、ビッグバンドでのブラスセクションがそれに当たるだろう。それは、自分のパートの確実な読譜とパートリーダーとの呼吸合わせ(微妙なタッチとタイミング合わせ)という当たり前のような同時進行だが、実はこの同時進行作業を行なうことで、即興感をもかもし出す要因にもなり、これはとても大切な同時進行項目と言える。
 即興と言えば通常の少人数によるバンドでの本番中に、自身のplay中で今まさにその音を出そうとする寸前に、その音の次に繋げていくための例えば半拍先・一拍先・一小節先のイメージやニュアンス、具体的なフレーズなどをチョイスし意志決定した上で、いよいよもってその音を出すというこの同時進行作業は何より、スムースな即興演奏のための根幹とも言えるだろう。

 同時進行作業はおおむね、自分対他人の何かで執り行われるが、このことで自分と共演者を強く結びつけ、一体感を生み、即興感までもがくっついてくる。ただ、同時進行の学習は本番で学んでいくことになるので、すぐさま出来るようにはならないが、先ずは本番中に一瞬でも試み、翌日・翌週と一瞬の数を少しずつ増やしていき、最終的に連続性になるところまで習慣付けていく。多種多様な同時進行作業が存在するので、自分のレベルに合った抱き合わせを選択し、手慣れていく感じ。後は、慌てず、それでいて緩めず、そして失敗を恐れずにやればいい。本番での学習は、この同時進行作業の学習時間と言っても過言ではない。日頃からこれをやることで当然本番にも強くなる。本番は思ってる以上に一度に多くの作業をしいられ、結果パニクり易い。なのでこの習慣付けはとても大切。楽器の技術のマスターや譜面の読譜力は個人練習で養えるが、やはり音楽は本番が命!先月の話も本番に関連した話だったが、ただ漠然と本番を過ごすのではなく、何かと何かをくっつけた同時進行作業を本番中での学習のポイントにしていけば、いつまでも留まることなく、次なるステップへと楽しみは膨らみ、継続していくだろう。

 Jazzに幸あれ!!

S  H  I  N  T  A  R  O