< シリーズ “想い”  その179 >

 ♪  当  日  リ  ハ  ♪
【2015.6.26】
 

 先月のこのコーナーに対するリアクションが意外に多かったのにまずはびっくりしたのと、多くの方々にこのコーナーをお読み頂いていることに御礼申し上げます。
 にしてもやっぱあるんですね、あの不思議な現象がみなさんにも。それとやはり想像通り、ベースプレイヤーからの同意が圧倒的に多かったのは、ちょっぴり嬉しかったかな(^o^)

 さて、今回の話は先月の話よりもっとご支持を頂けるの間違いなしのような話なんで、今更ながらなんですが、恐らくJazzを手掛け始めて10年以上経っている方々ならほば満場一致ではなかろうかと。 そう、冒頭のタイトルにある、当日リハがあまりにも上手く行き過ぎると本番で必ず失敗をする、又は何処か盛り下がる、という法則の話。

 音楽の世界におけるアンサンブルワーク(共同作業)には必ず「ピーク」というものが存在し、これを経験するとどうやっても上手くいかなくなる。理由は、慢心の一言なんだが、一度ピークを迎えるとしばらくは下降の一途を辿り、次にいい感じになったり、更なるピークを迎えるにはかなりの日数を要することになる。
 例えば、旅の仕事とかで初日にとりあえず何かやるか、みたいなノリでリハをやって妙に上手くいったりすると、もうその旅の期間はThe end! 音楽面でいい思いをすることは決してない。しいて盛り上がったと錯覚するのが最終日くらいなもんだろうか。
 また、イベントやコンサートに日々のライブなんかでも、当日リハの即本番のパターンの場合、リハがスムースに進んでしまうと、ほぼ間違いなく本番はアウト! 傾向的に経験が浅い人やボーカリストに多いのだが、入念なリハーサルをどうしても求め、結果リハでそこそこいい感じになってしまい、本番で盛り下がるというケースは定番と言ってもいいだろう。な訳で、前もってこちらで少しばかり手を抜くんだが、こんな人達に限って完璧な状態になるまでリハのやり直しを熱望し、いいリハのダメ本番となり、案の定凹むことになる。
 残念ながら、この道20年以上のベテランになってくると大方の人がリハでは、わざと下手をこく行為を取る。何故なら、この絶対的な法則を知っているからだ。例えば、途中で止めてしまったり、しかけのキックをいい加減な符割りで読んであえてハズしたり、あり得ない運指で突如やってみたり、とその場で思いついたら何でも即実行に移し、程度の低〜〜いリハに仕向けるという手口だ。ところが、こんな悪ふざけをやっておくと妙な話なんだが本番が上手くいくケースが多くなる。もっとも、この手口の発動は本番にはちゃんとやれるという秘かな自信あっての話ではあるが。

 聞き手がいる本番に、いかにピークを持っていくか、も演奏家としての大切な技術の一つ。そして大事な要素。全てはその為のリハという認識の元、当日リハでの手抜き行為は本番寸前での最重要項目と言えるだろう。この最重要項目の基本は、とにかく上手くやらない!
7 補足的な話になってしまうが、別日のリハでも完璧になってしまうのはやはり危険。別日だとモチベーションが上がらないのでおおむねその心配はほぼ無いんだが、それでもやれてしまう時があるので、そんな場合は即手抜き行為の発動となる。一番厄介なのは別日リハに当日リハがあるケース。当日、つい、リハでいい感じになってしまうので、極力入口と出口程度のはしょったリハにするのがベスト。別日でまったくやれなかった曲を本番当日に回すケースがまたよくあるんだが、別日で脳みそのウォーミングアップがなされてるので、本番当日は思ってる以上にモチベーションが上がっている。初見で完璧、ってなことになってしまうこも起こり得るので、別日と当日でという場合もほんとに要注意!!

 兎にも角にもあくまで目標は本番でのピーク。その為にどうやり繰りするか。後は各人趣向を凝らしていざ出陣、ってな感じかな。ミュージシャン諸君、いいリハを!!(笑)

                                新   太   郎