< シリーズ “想い”  その178 >

 ♪ 久 々 の 軽 〜 い 話  ♪
【2015.5.26】
 先月、とある日にたまたまだが1960年のコペンハーゲンでのマイルスのライブ盤を、なんと20年ぶりに聴いた。
 一曲目は当時お決まりの All  Of  You。いや〜〜、実に素晴らしかった!! これぞ「The Jazz」と命名したいくらいだ。あまりの素晴らしさに一曲でお腹がいっぱいになってしまい、もうそれ以上聴くのを止めてしまった。
 そして翌日。昨日から変わらずに心の中はすっかり持ってイカれている。この日は某ピアニストのトリオのライブがあり、夕方えっちらおっちらと出かけた。Jazzのライブなんで、当然ステージに立ってもまだ何の曲をやるかは知らされていない。1set目、数曲やった後、少々長いインターバルを挟んでピアニストがこっちに向かってぼそりと「新太郎さん、All  Of  Youやりません?」ときた。
 前の日から頭と心の中がマイルスだらけで、どの曲をやろうが関係なく、どこかでAll  Of  Youが進行していた。そこに、この選曲の打診。

 後日、この話を同業者のベーシストに打ち明けた所、同じようなことは時々あるとのこと。実はこれ以外にも、前日又は当日にガッツリある曲を練習して、そのままライブに行き、この日のライブ用に練習した訳ではないのに何故かリーダーから「こんな曲って、知ってる?」と打診され、ガッツリ練習していた曲をやることが時々あった。また別のケースだが、ライブ中に曲が終わった直後に、原因は判らないが次の曲に移る前に、頭の中である曲のメロディーがすっ〜と流れてきて、「ねえねえ、こんな曲どうかなぁ〜?」と、たった今流れてきた曲を言ってくるケースもある。
 とにかく不思議な現象で、自分だけじゃないというのがわかったのと、これは推測だがベーシスト以外のパートの人にもこんなような具合で共演者から同じ曲を言われた経験のある人はいるんじゃないだろうか、と思えてくるのだが実際はどうなんだろう? 更にこれまた憶測の話になるが、ベーシストがこの現象に出くわす確率が他のパートに比べぐっと高いのではと思えてならないのは単にうぬぼれなんだろうか。

 これ、まさに以心伝心の話で不思議な珍現象なんだが、何がいいってこの現象、恐らく現在の科学では到底解明できないであろうことがアーティストにとってはとっても嬉しい話。てなことで、今回はアーティスト好みの軽ぅ〜い四方山小話でしたぁ〜(^o^)チャンチャン♪〜

新   太   郎