< シリーズ “想い”  その17−2>

♪ ベ ー シ ッ ク   U ♪
【 2001.10.29】
 --- 前回に引き続き ---

3. “ タ イ ム ”
これは、‘楽器を操る技術’と‘オーケストレーションシステムの理解’の両方の
手助けが必要で、いいタイミングが見えたとしてもそのタイミングに音を入れる技
術(一見なんてことない技術)がなければダメだし、何の音を入れればいいのか
が響いていないとやっぱりうまくいきません。だからといって‘技術’と‘理解’の二
項目をクリアすれば自動的にできるものでもありません。この二項目を持った上
で、いいタイミングを掘り当てて行く作業をしていく必要があるということです。



前回からの二項目に続き、今回の三項目め辺りから少しひるみ掛けている
人もいるかもしれませんが、くじけず最後までお付き合いして頂けることを切
に希望する次第であります。



4. “ バンド内ストレッチ ”
多少これまでの項目とかぶるかもしれませんが、アンサンブルで最も関わりの
高い Point なので、あえて項目を設けました。

(バンド内には)ネバリ気味の人,突っ込み気味の人,ひたすらタイトな人,前
後に動き回る人 etc.色々な人がそれぞれにゴムひものようなもので結ばれた
状態を冷静な所から眺めているような視点と心(気持ち)を持ち合わせる。
これはいわば、この音楽の根幹と言っていいかもしれない! どうであれ‘ゴ
ムひも’でつながっていれば音楽は成立し、いくら手の届くような範囲に全員が
いたとしても結ばれていなければ、それは音楽とは言えない。 少し具体的に言
えば、自分のパターン(唄)を守りつつ、相手の動きが感知されている感じ(かな)。
勿論‘ゴムひも’を超えた“信頼”が発生してくるようであれば、それはプレイヤー
にとって最高の喜びになるのは間違いなし!!

5. “ 秩序の Keep ”
これは要するに、個と全体の関係。個性とフィールド(バンド内で自然に湧き上
がってくる 「Feeling の 泉」 のようなもの)の相互関係。 いくら変わったことをや
ろうが、おもしろいことをやろうが、湧き上がってくる泉と無関係なものはただただ
無意味(無秩序)なだけ。 泉は川を作り,地形を作り,自然を作り、作られる創造
の範囲は限りがない。だからと言って、「ただ無関係になってはいけない」という意
味での秩序の Keep 。

6. “ リ ラ ッ ク ス ”
なんといっても 詰まる所 これかな。これがとにかく厄介もの! 今いいと思って
もすぐにダメになったり、「こうやれば」とか「こんなような」とか判っていてもできない
時にはできない。どうやってもできない。 これまでの5項目は経験でかなりクリアで
きると思うが、これはそういうものではなさそう! 現に歴史に名を残すような人で
さえ、この単語を四六時中言っている。 マイルス,ディジィー,ローリン,サラ,エラ、
最近ではハービー,ハンク・ジョーンズ氏 etc.
リラックスしていると今までの5項目が簡単になるし、5項目が出来ていればリラッ
クスも持ち易くなる。はっきり言えるのは、5項目が何も無くてこの“リラックス”だけ
というのは残念ながらあり得ない。光がなければ影が発生しないのと同じように、
どうやら‘対’になってるように思える。 でも やっぱり いつまで経っても簡単では
ないのがとても歯がゆ〜い!!!    こんちくしょ―う !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



と、このようなものが‘ベーシック’と思われるのだが、まだまだ、これもあれもと
ベーシックに相当するものがもっと存在するであろうが、いかんせん私くしのボキャ
ブラリーではこの辺りが限界。もっとうまく言い回しのできる方がいれば、今すぐに
でもバトンタッチしたい位です。
さておき、‘ベーシック’を身に付けることはそうそう容易ではありません。この文
面を読んでもらっている間にそう思われた方も大勢いると思いますが、結構大変
なんだなあ、これが。 となると装着できるまでに、もう一つ“忍耐”というベーシック
の項目も入れておく必要があるかもしれないなあ。Vocal の方にはさらにもう一つ
“英語の発音”まで入ってくるのだから益々大変だし。
一つ経験から言えることは、一つ一つの発見,達成が自分にとって大きな大きな
喜びで、到達する喜びをはるかに超えているように思われること。 だから、あせら
ず,ひるまず,CONTINUE!!

共に歩みましょう!!!


                                S H I T A R O