< シリーズ “想い”  その177 >

 ♪ 年 寄 り 臭 〜 い 話 ♪
【2015.4.26】
 我々の世代を棚に上げておいてこの話はないだろう、と言い返えされそうだが、ここ10〜15年若手の変化を見守ってきて、どうも成長感が今ひとつパッとしないように思えてならない。

 理由は色々あるだろう。まずは我々の世代っていうか、年寄りの愚痴めいた感性が単にしゃしゃり出てくるのかもしれない。ド貧乏のJazz界にデビューして10年も経てば経済面での先の楽しみが少ないのが見えてくるので、ギアーダウンするのかもしれない。はたまた若くして楽器のマスター度が優れているので、こちらサイドで勝手にハードルを上げてしまっているのかもしれない。

 しかし、上記の理由はどれもダイレクトに音楽に直結した話ではない。やはり音楽そのものに対する取り組み方に何か足を引っ張るような原因があるのではと感じる所がある。では何が原因で、となるんだが、ここでもいくつか要素が考えられる。一つは具体的に何を目標としているのか。どんな状態を最終的に見据えているのか。これにまず ? を感じる。世界最高のプレイヤーになりたいのか、個性的な自分の音楽作りをやっていきたいのか、多くのJazzファンを育てるのを楽しみにしているのか。何かどこか、何でもいいんだが、具体的に目指すものがどうも明確に感じられない。音楽で食えればもうそれで満足と思っているのだろうか。20代前半でデビューしてきて最初の5年は誰でも成長する。しかし5年を過ぎれば失速が始まり、10年も経てばすっかり停滞しているかのようだ。今の30〜40代のプレイヤーはほぼ全員と言っていいだろう、私から見てはっきり伸び悩んでいる。

 伸び悩む原因はたいていどの世界でも同じ。それは、成長を促し、サポートしてくれる基本的な基盤がないことに尽きる。楽器があれほどまでに操れ、フメンも強く、センスも決して悪くない。なのに10年も経つと成長どころか、逆に下手くそにさえなっている人が多数存在する。70を超えて体力的低下から維持出来なくなるのは、よ〜くわかる話だが、年齢的に遥かに若い世代でのこの現象は正直、重大な危機感さえ感じる。


 とまあ相変わらず前置きがとてつもなく長くなってしまったが、この問題の根幹は基本的な基盤であるJazz Feelingそのものがとても希うすな点だと言える。要はこれがないといくら技術があっても、フメンが強くても、豊富な知識があっても何にも結びつかないからだ。だからせっかくのいい逸材にもかかわらず、それが発揮できない状況になっているように思えてならない。楽器の技術は師匠に習えば身に付くだろうし、知識は出版物や映像でいくらでも得ることができるだろう。ではJazz Feelingの土台はどうやって養うのか。ここが今回の争点。そしてそれはズバリ、耳コピ! 例えばNYのハーレムに移り住むのなら話は別だが、フレーズやハーモニーを知るのに出版物等からゲットするのではなく、昔ながらの耳コピで学んでいくこの行為こそが、自然にそしてダイレクトに最も重要な情報(フレーズやハーモニーにメロディー感など)と基盤(Jazz Feeling)を得ることになる。一人や二人、一曲や二曲の巨匠を耳コピする程度では当然何も気づけない。何十人、何十曲を何度も何度も繰り返し根気強く耳コピしていくことで、知らず知らずのうちにそれらが体内に侵入し、浸透し、根づき、基盤が備わり、やがて新芽を吹き出し、成長がスタートする。私の診立てだが、我々の世代に比べて現在の30〜40代のプレイヤーは耳コピの量が極端に少ないのではないだろうか。何度か映像を見る程度ではマイルスのハートにたどり着くのは容易ではない。いや、ほぼ不可能だろう。しかし、耳からの情報は意外にも奥の奥を垣間見せてくれる。音楽は当然耳からの情報を最優先する必要があるが、これも時代の流れなのか絵ズラを重視する傾向は確かに否めない。そうしないと食えないからかもしれないが、長い人生を考えるとやはりしっかりした土台は外せない、と言える。 


 とまあ見事に年寄り臭〜い話になってしまったが、Jazzという音楽を知るのにとてつもなく原始的で、一見遠回りな学習のようだが、耳コピほど間違いがなく、単純明解で、効力も絶大なものはない。大量の耳コピをすることでJazz Feelingの基盤はもとより、プレイヤーのどこが素晴らしいのかもわかるようになるし、そこから共演するであろうプレイヤー選びも出来るようになる。そうなれば楽しみはどさっと広がるし、命ある限りどこまでも道がある、ということにもなる。な訳でここで追い打ちの年寄りからの一言、

   若手の諸〜君、耳コピ、もっともっとやるべ〜〜し!!!

 

  あ〜あ、ほんと年寄り臭〜い話になってしまった。もういい加減若手への叱咤激励もこの辺で納め時かも。

  

  

S H I N T A R O