< シリーズ “想い”  その176 >

 ♪ A  r  c  o ♪
【2015.3.25】
 

 

 あまりにも専門的な話で恐縮です。 と、まずは詫び入れから。

 

 ジャーマンBow から フレンチBow に持ち替えて、もう12年が過ぎてしまった。ロングトーンの下地作りだけで8年も費やしてしまったのが大誤算だったが、それも自分の実力なんで受け入れるしかない。

 土台である下地作りがようやく形になり始めて、さあ〜やるぞっ!、と意気込んだが、これがやれどもやれども全く上手くいかない。そうこうしているうちに、持ち手(右手)の実に微妙な話に迷い込んでしまい、ここからがさらに大変なことになってしまった。

 なんと、小指の位置を1ミリずらせるだけでいきなり別世界がやって来る。右に1ミリ、そして左に1ミリ。途方に暮れる試行錯誤が始まってしまった。 当然、上に1ミリ、下に1ミリも。人差し指の位置取りもしかり。そして中指へと。加えて、親指の僅かな角度の変更がこれに賛同してくる。角度もまた、1度でスパッと世界が変わるかのような感覚になる。

 

 弦に接している弓の毛の面が一定に端から端まで一定のスピードで移動すれば理想的な状態になるのは万人が判っている。しかし、弓は不均等な木で出来ていて、形状は左右非対称。プレイヤーは実に微妙な木の弾力を察知し、瞬時に対応し、何も無かったかのような素振りで弓を扱わなければいけない。弦と弓の面の接する角度も、当然の如く1度変われば別世界。こんなストレスだらけの微調整をずっ〜〜〜とやらなければいけない。もう、気が遠くなる連続で、そのうち何が何だか自分で判断できなくなる。そうなると練習を何日も中断し、脳ミソが真っ白になるのを待って、またその角度からの試行錯誤が始まるんだが、前のことがすっかり抜け落ちてしまってるんでこれほど厄介な話はない。そして数週間やると、また訳が分からなくなってしまう。こんなことを数年も繰り返さなければいけないんだから、弓弾きがいかに大変かを分かって頂きたい。 

 基準は自分の趣味と自分の体型に添ったトーンの選択。そして、このトーンを探り当てるのに何年もかかってしまう。

 話が前後するが、弦と弓が触れている位置もミリ単位で上下させて試さなければいけない。角度的に僅かとなりの弦に近づけてbowingするだけで、これまた話が違ってくる。上下・左右・前後のミリ単位に、それぞれの指・弓の面・弦との接地面等での1度単位の角度。そして、これらのとてつもない数の組み合わせ。兎にも角にも不確定要素があり過ぎて、整理整頓は完全不可。それでもやるしかないので、今も懲りずにコツコツとやっているんだが、これもそれも事の始まりは、ポール・チェンバースのような弓のソロは自分の歌い口ではない、とチェンバースを否定したことからだ。よせばいいのにと思いつつも、それは確かに事実なんで、やはり自分仕様のトーンの所持を目指さないことには何も始まらない。 

 で、こんなことになってしまってるんだが、いや〜、Arcoはほんま、大変ですわ〜〜!

  

S h i n t a r o