< シリーズ “想い”  その175 >

 ♪ 大 疑 問 発 生 ?? ♪
【2015.2.26】
 

 こともあろうに、左手人差し指の指先を包丁で ぐさり と切ってしまった。

 

 1月半ば、お年賀で戴いた おもち を食べようと冷蔵庫から取り出した所、少しカビが附着していたので、それをこさげ落そうと包丁を持ち出しやりかけたその瞬間、ぐさっ!!

 我ながらバカなことをやらかしてしまった。いつも包丁の向かう先に指など絶対にもっていかないよう注意しているにもかかわらずやる時はこんなもんで、全くの不注意になってしまった。

 

 さあ、困ったことになった。弦楽器で人差し指が使えないなんて、重いバットを片手で振るようなもの。残された指は中指と小指(薬指はハイポジション以外使わない)。こんなにもこの2本の指でのプレイが厳しいとは。想像を、遥かに、超えていた。たまたまそのWeekは唄バンの仕事でガッツリなライブではなかったので、何とかなるか、はたまた何とかしようということで、経験したことのない事態をどうにかひと晩こなそうと、出来る限りの省エネでやり繰りするしかなかった。でも、バッキングの間はまだしも、容赦なくベースソロは回ってくる。特に最近の唄バンはドラムレスのケースが多く、2曲に1回はきっちりソロが回ってくる。何とかひと晩やり過ごすためにフレーズも、ベースラインも、複雑なことは全て回避し、言葉足らずでも仕方がないと腹をくくり、4〜5本の仕事をこなした。

 

 ところがだ。この2本指でやり出したその日から、いつもの常連さんやバンドのメンバーから大絶賛の声が上がり、「年が明けてまた一段と素晴らしい!!」と、どこに行っても言われるようになったのだ。この時、みんなに人差し指が使えないことを明かし、当然ビックリの反応が返ってくるんだが、そんなことより問題なのが、指がほぼ完治した頃から絶賛されることがパタリとなくなり、いつものノーリアクションに戻ってしまったことだ。

 死にもの狂いの必死な取り組みが良かったのかどうかは判らないが、何だか五体満足より何かが欠けてる方がいいのかなあ〜、と大大大疑問がやって来てしまった。確かに、その可能性はあるだろうが、実際にこんな経験に触れてしまうと完全より不完全の方がいいのかもと思ってしまう。

 

 ただ今回一つ、自慢出来ることが発生したのは事実だ。それは、その昔ジャンゴ・ラインハルトというギターの名手が人差し指と中指の2本だけで聴衆を魅了したという伝説が残っているが、今回の私の場合、同じ2本指でも中指と小指の2本指でもって大絶賛を戴いたってことで、これは私の方がジャンゴより明らかに優れているという証しになる。何故なら、人差し指があるとないでは雲泥の差であり、この場合のハンディーは比較にならないほどのものであるからであ〜る。エッヘン!!

 

 

 とまあ、落ち込んだり思い上がったり。新年早々指を切り、不自由し、絶賛を浴び、そしてまたいつもの無反応へと戻っていったこの一連の騒動。また一つ、学習と勲章が戴けたのは良かったかもしれないが、五体不満足の方がいいなんて。あぁ〜、なんたるちあ〜〜、、、。

 

  

                            新    太    郎