< シリーズ “想い”  その174 >

 ♪ 蝉(せみ) ♪
【2015.1.25】
 

 

 ベース(コントラバス)はこの世に存在する楽器の中で、恐らくもっとも難しい楽器だろう、それも断トツで! ベーシストは皆、まずこのハードルでうんざりしてしまう。やり始めは新鮮だし、少しずつ着実に腕前も上がってくるので、どこまでやれるのかとワクワクでいられるのだが、ものの3年もするとこの楽器がいかに他の楽器に比べ難しく、そして思っているほど目立たないことに気づき始める。

 初日に指先にマメを作り、その日のうちにマメが潰れ、血を見る。一日やっただけでいきなり一週間の休養を余儀なくさせられる。練習再開後もひりひり痛む指先を気にしながら、おそるおそる軟弱な練習をし、3〜4週間後にようやく指先のつらの皮が落ち着き始めた頃に、これならとガッツリ練習(初日のノリで)をやるのだが、これがまた大抵の人がこの日のうちにマメを作り、潰し、また血を流すことになる。ベーシストは基本、M なのかもしれない、こんなバカげた日々を数サイクル繰り返すんだから。

 そして少々の練習にも耐えられ、ようやくスケールを勉強できる状態になるのだが、たぶんピアノやその他の楽器なら初日のうちに通り過ぎてしまうであろう1オクターブのスケール(もちろん1種類のKeyのみで)を何日、何週間、いや何ヶ月もかけ、やっとのことでとろいテンポでやれるようになる。よく我慢できるなと、自分でも感心する。そして半年、一年を経てやっと全てのKeyのスケールが何となくやれるとこまでくる。何度も言うが、実に辛抱強い(もうMとしか言えない)。たぶんピアノだったら一年もあれば数曲のレパートリーを有するとこまでいってるだろう。

 

 こんなハチャメチャな地獄のようなスタートを切るのだが、これがやってもやってもササッとはいかない。5年ほどして楽器の大変さにマジで気づき、ここからは毎日、もう今日で終わりにしよう、と思う日が延々と続くことになる。ピアノ、ドラム、フロント楽器のプレイヤーはどんどん回りに評価され、次々とステップを駆け上がっていくのにベーシストはいつまで経っても、し〜〜〜〜んと回りは静まり返っている。

 それでもこの状況を何とかすべく、私の場合はとりあえずNYに行ったのだが、ここで痛感したのが、ベースの上達には絶対にリズムとハーモニー、それに何よりメロディーを学ばないことにはどうにもならないということを知った。ベースの基礎連をキープしつつ、リズムはどう学べばいいのか、またしても悶々とした日々を過ごし、数年後わずかな糸口を頼りにそこから少しずつリズムのトレーニングを始め、どうにかある程度軌道に乗ってきた頃、次のハーモニー(和音、オーケストレーション)の勉強をこつこつスタートすることになる。これも数年やっている内に頭打ちになり、暗礁に乗り上げ、八方塞がりになるのだが、ここでメロディーが助けてくれることになる。ただ、スケールでもままならない楽器でメロディーをやるなんて余りにもかけ離れた行為なんで、何年やってもこれまた中々メロディーになってこない。

 それでも20年、30年をかけてようやくメロディーがこましになりかけ、これに伴って先がけていたリズムやハーモニーとも徐々につながり始めるのだが、こんな程度の状態で仕事場での評価が出るはずもなく、相変わらず悶々とした日々がずっ〜〜〜と続いていく。

 

 そしてようやく30年、35年やって来て、仕事場での立ち位置がわかり、正真正銘に人並に音楽がやれるようになるのだが、この時点でたいていの人が還暦寸前の年齢に達してしまっている。ベーシストは60を過ぎると筋力の衰えが始まり、せっかく長年かけて構築してきた技術が、それこそ音を立てて崩れ始め、瞬く間に仕事場での支障を来たすようになる。

 なんともはや、35年の下積みに、5年ほどの日の目で ハイ おしまい。これってどう見ても蝉の人生そっくりだ。土の中で長年を過ごし、やっと飛び立てれるようになったら最後、ほんの数日から数週間で人生の終焉を迎える。実に同じ! いや、蝉以下かもしれない。蝉は地上でけたたましく鳴き、自身の存在を回りに知らしめるが、ベーシストは相変わらずひっそりと後の方で何かやってる程度なんだから。

 私は貝になりたい、という小説があったが、多くのベーシストの望みは、私はせめて蝉になりたい、と言い出しても決しておかしくない。このやるせなさはベーシスト以外誰も判らないだろう。

 今さらほかのパートに代わることも出来ずこのまま生涯を閉じることになるが、ベーシストの人生って、ほんと蝉のようだ。

 

 

 

                                 新  太  郎