< シリーズ “想い”  その173 >

 ♪ 時代は変わったそのA ♪
【2014.12.27】
 

 先月に引き続きの話になってしまい、くどくなるかもしれないが、Jazz界のみならず伝統的な世界全てに時代へ対応するための変革・変貌が求められ、新しい観点によるアイディア、工夫、違う分野とのコラボレーションなど、目新しい作品・商品になって世に登場し、人々の目に留まり、感心を勝ち取り、次世代の人材まで確保されるケースさえあり、変革・変貌に成功した分野はいち早く存続が保証されていくのだが、新しい人材がその伝統的な業(わざ)と知恵を師匠から受け継げる所までの到達を考えると、品物(作品・商品)そのものの伝統的な部分が大幅に削られている、又は水面下に隠れてしまう状況で、20年30年後に師匠と同レベルの業と経験、プラス、経験から来る知恵に達するだろうかという不安が直ぐにやって来る。

 ただ、現実は兎にも角にも切羽詰まった所に来てしまっているので、不安があろうがなかろうが突き進むしかないのだが、仮にJazz界にここ数年の内に変革が訪れ、かなり様変わりしてしまう事態を想像すると、根幹となる‘Swing’が表面から消え失せる確率は高く、そうなってしまうと‘Swing’をどう伝授し、どう受け継ぎ、どう学んでいくかのノウハウが完全に途絶えてしまうことになる。それでもこの変革に着手するしかないとなると、Swingの実態、からくりを知るためにどうすればよいのかという問題が何より最前線に躍り出る。何故なら、根幹部(Swing)がない限り変革・変貌はあり得ない上に、そこからの伝承、継承も不可能になるからだ。これまで通りの普通にJazzをプレイするだけでもSwingするまでは並大抵ではない。そこからさらに変革への対応となると、もう気が遠くなるほどの苦労が待ち受けているは言うまでもない。それでもまずは‘Swing’をゲットしないことには全てが始まらない。

となると、この‘Swing’をゲットするのに最短は何か。 いっぱい練習する。・・・・、もちろん! いっぱいコピーをして耳を鍛え、感性を刺激する。・・・・、もちろん! 沢山の場数を踏み相当な経験をする。・・・・、もちろん!! 

練習や耳コピは自力でやれる。がしかし、これまでの経験から、場数という経験は自力だけでは済まされない上に、経験の質感は環境に大きく左右され、無駄な回り道に陥ることも普通に起こりうる。そこで内容があり、質的にもいい環境とは何か、となる。この点に関しては以前のこのコーナーでも少し触れたが、一番いいのは実際にSwingしている人と長年(最低でも10年以上)共演する機会を持つことだ。知恵を盗み取り、何度も胸を借り、試行錯誤を繰り返し、そこから何かを掴んでいく。これが間違いなく早い!!

 私自身も 中山正治氏と出会い、長年(13年半)共演出来たことがとてつもなくデカかった。‘Swing’を垣間見、時間を掛けて理解し、感じ取り、発展させ。もちろんそんな素晴らしいプレイヤーとの出会いだけでは十分ではない。膨大な練習に勉強と研究は不可欠。そこにSwingしている人との共演の機会がたっぷりあるとないでは決定的な差が生じる。稀に自力でSwingをゲット出来る人が出てくるかもしれないが、自力は相当な長時間を有するのはほば避けられない。

 

 現在アメリカにはおおよそだが数十名のSwingしているプレイヤーがいると思われるが、ここ日本ではほんの数名しかいない。例えばアメリカで10年以上の間、Swingしているプレイヤーと共演出来たとすれば事はたやすいかもしれないが、これとてそう簡単ではない。日本で学ぶのもSwingしているプレイヤーと長年やれるかは、まず出会いが稀になるのでやはり簡単ではない。しかし、Swingしてみたいと望んでいるプレイヤーはこの簡単ではない道を選択せざるを得ない。なので、Swingしているプレイヤーを見つけたら、即申し出をし、共演の機会を持ち、長年の付き合いをスタートさせないといけない。そしてスタートしたら、教えてもらうのを待つのではなく、盗み取る! 後々には‘教わった’という感触に変わっていくだろうが、少なくとも同年代で切磋琢磨するより、Swingしている人の胸を借りて当たって砕けた方が数段早くて間違いもないだろう。

 

 様々な音楽の中で一番楽しいのは恐らく、Swingすること。Swingは喜びを得、人(共演者や聴衆)に喜びを与える。さらにはその後の人生の推進力にもなるだろう。

 今や老いも若きも全員が先行き不安でたまらない状況だが、音楽を愛し、Jazzを愛する同志が一人でも多く現れ、そんな同志とさらなる次のページをめくってみたいものだ。

 

 

 ああ〜、何だか混沌としとるなあ〜。読者の皆様、ひっちゃかめっちゃか状態で申し訳ありませ〜〜〜ん。。。

 

 

 

                                  S h i n t a r o