< シリーズ “想い”  その172 >

 ♪ 時代は変わった ♪
【2014.11.29】
 

 どんな伝統的な世界でも、今や手を加え品を変えてでも継承させていこうと必死になっている。新しい発想、新しい技術、新しいマーケット。伝統的な部分を残しつつ、時代にフィットするであろう状態にして存続していく道を選択している。

 クラシック界は400年、ジャズ界も100年を過ぎた。ジャズ界ももう新参者ではない。もはやレジェンド系の伝統ある世界の一つとして認知されている。1920年代、30年代、40年代、50年代、そして60年代と次から次へと新しい取り組みがなされ、70年代の電気楽器の導入に4Beat以外のリズムの導入。ある意味クロスオーバーであったり、オーバーラップであったりと試行錯誤が繰り返されてきたが、1990年代頃からは手の込んだ変拍子は出てきたものの、どうもジャズ界に新しい試みは登場していない。

 何故新風が登場してこないのか。色々考えられる所ではあるが、一つにアイディアが底をついたという見方。もう一つはかたくなに伝統的な手法を守ろうと形を変えるのを自ら拒むという考え方の登場があろうかと思われる。ぶっちゃけアイディアというのは視点を変えるなり、向かう矛先を変えることで違った発想になるのでアイディア不足というのはちょっと違うかと思われる。となると、かたくなな保守的な考え方の登場が主な理由の一つになってくるということになるのだが、例えば伝統工芸の世界でも必ず長年培われた伝統の技があっての次の話になっているように、ジャズ界も伝統的な技あっての変貌があれば存続はある程度見込まれるのではないだろうか。もっとも、全く形を変えないことで無形文化財であったり、世界遺産に認定されたりの可能性はあるかもしれないが、そんな他力本願は筋違い。やはり存続の為の時代時代へのフィット感を念頭に取り組むのが本筋だろう。


 第一感で思うことは2つ。まずこの形を変えようと思えるかどうか。もう一つは伝統的技であるところのSwingを実際にお見事にやれるプレイヤーが何人いて、そのプレイヤーの中の何人が変化を望むかどうか。ここ日本ではSwingしているプレイヤーがほんの数名しかいないのでいきなり暗礁気味だが、逆にあまりの少なさ故に変革への逆風は小さいかもしれない。しかし何より問題は、長年積み上げて来てようやくSwingするようになったものをここに来て崩してまで次に取り組む勇気と決断が出来るかだ。これはことのほか計り知れないほどデカい。とは言え、極めて残念ではあるが、もう時代はどんどん様変わりしている。古いままへの固執はさらに自らを短命化、衰退化させかねない。実はすでに勇気とか決断のレベルではない所まで来ている。 ― 時代は変わった!― こう思って進むことしか存続の道がない、と腹をくくりやっていくしかない。クラシックと違い、ジャズは根本的に変化が要求される音楽でもあるからだ。


 とまあ、こんなことを発信しながら当の自分はまだまだアイディア不足で、今の所以前と何ら変わっていない。Swingという技、即興演奏という技、音によるコミュニケーション(レスポンス)という技、自由(自在)という技など、ふんだんに活用しての何か別のものが始まれば、と乞い願っている真っ只中ではあるが。すでに変拍子によるアプローチに無理があることはここ近年ではっきり証明された。

 さあ、どうする、ジャズ界。突き付けられた命題はとてつもなくデカイ。





S H I N T A R O