< シリーズ “想い”  その171 >

♪  ト ラ ッ プ(わ な)
【2014.10.25】

 言うまでもなく人生にはそこらかしこにトラップ(わな)がある。音楽家として人生をスタートして、順風満帆に過ごす人は恐らく一人もいないだろう。

 少し器用な人は比較的何でも短時間でやれてしまうので、若くしての評価が発生し多くの人々からちやほやされ、気づかぬ内についうぬぼれてしまい、いわゆる兎と亀の兎のように、ある時ゆとりから立ち止まるか失速してしまうというトラップがある。

 若さという点では、今一つ技量的にも技術的にもプロの基準に達していなくとも、まだ若いからというだけで許されてしまうというトラップもある。後は、女性というだけで許されたり、多めに見てもらえたりするというトラップがある。

 まずは、これらのことがトラップになっているということに気づいておかなければいけないんだが、これが中々気づきにくい。そして、これらのトラップに引っ掛かってしまうと当然練習、勉強、研究等の努力がおろそかになり、若い間はそれでも仕事場での経験を積むことだけでも成長していくので、本人の中で 良し! という感触になり、つい努力の項目が手ぬるくなってしまう。ぶっちゃけ30代前半まではとことんやっておかないと40代に突入するや、どうにもならない失速に見舞われてしまうからマジで要注意なのだ。40代での失速はほぼ命取りと言ってもいいだろう。でも20代で40代のことはわからないので、機会があれば若手にはトラップには気をつけろ、と言っては来てるんだが、実はトラップは若さ故のものだけではない。ベテランにもトラップがあるから、たちが悪い。

 ベテランということはすでに人生のおおよそを経てきているので、トラップに引っ掛かっても取り返しがつかないというものではないかもしれないが、残りの人生が長くなるか短くなってしまうかの話になる。それでもベテランの域での1年1年は思っている以上に大きいので、油断するとマジで命取りとなる。
 ベテランといっても現実的には70代以上になると思うが、この年齢でバリバリやってたら人々は当然称賛するようになる。60代ではなかったのに70を迎えると世間様は急に手のひらを返したように称賛し始める。これが数ヶ月、数年経つとそこはやはり人間。つい油断から自分へのムチを打つのを弱めたり、やめてしまったりしてしまう。50代からは明らかに老化が始まっており、残念ながらたずなを緩めることなく、50代も60代も、そして70代も体調管理と技術のキープ(できれば成長)をしていかなければいけないんだが、このトラップに捕まってしまうとはっきり寿命を縮めることになる。

 人生のトラップはいつ、どこでやって来るか、ホントわからない。気づいたらトラップにはまってしまっている。気づくのはまだいい。気づかぬままに5年、10年過ごしてしまうケースはもう最悪と言っていいだろう。
 人間褒められれば嬉しいんだが、人の評価に惑わされることなく、いつもピリッと危機感を持ってやるに越したことはないんだが、<つい>というのがあるから恐ろしい。いや〜、人生どこまでも厳しいぃ〜。(汗)


新     太     郎