< シリーズ “想い”  その170 >

 も の 申 す 
【2014.9.27】

 クラシックをほぼ毎日のように聴き始めて7年ほどが過ぎた。まだまだ全体の何分の一程度なんで初心者クラスではあると思うが、近年アレンジの仕事もするようになった関係で色々な勉強が必要になり、当然クラシックはもっとも外せない科目なんで興味の湧いた、又は仕事に必要な参考資料としてクラシックのスコアーを買ってきては、見ながら、聴きながら、時折ピアノでサウンドをチェックしながらまた聴いて、みたいなことをやっているんだが、ごく稀ではあるが時々譜面と違う話になっていることがある。原因は色々あるだろう。私の耳、スコアーの不手際、指揮者又は後のアレンジャーによる改ざん等。とにかくスコアーを片手に聴いていると時々あれっ?、となる。 私の耳が原因の場合、あれっ の箇所を何度もチェックすることになるので時間さえかければ白黒がはっきりする。スコアーと違うサウンドになっているケースは、スコアーの不手際、ということになる。これには少々残念な話があって、これまでの様々な情報から、日本で売られているクラシックの譜面は(海外の)出版社による著作権からすり抜ける為に所々オリジナルをいじって変更して販売していると言われている。
 もう随分昔っからの話だそうでヨーロッパでは、日本の出版社によるスコアーは偽物だらけだ、みたいな話がすっかり広まってしまっているとも聞く。実に情けないことではあるが出版社も、生きていくためにやってしまったんだろう。だからと言って海外の出版社のスコアーは、まず購入するにも取り寄せになり、めちゃめちゃ高額になってしまい手が出ない。と、なり、結局国内の出版社のものをつい買ってしまうんだが、一番いいのは指揮者なり、後のアレンジャーの改ざんによるものであるなら、こことここを変えてるみたいな話をライナーノーツに記述しておくべきではないかと思う。それならスコアーの不手際かどうかが一発でわかるし、何よりオリジナルを尊重しているという姿勢にも意味が発生するからだ。改ざんして、確かに良くなるケースはあるだろうが、オリジナルからは作曲されたその当時の社会模様・時代背景等が感じ取れるというデータ的な重要な意味合いもあるので、やはり改ざんしている話は厳密に執り行った方がいいと思う。

 たかだか7年ほどしか聴いていないジャズメンにさほどの発言権はないだろうが、歴史の改ざんは避けてもらいたいものだ。なんて、ちょっと偉そばってしまったかな。ま、こちとらただ単にちゃんとした勉強をしたいだけで、昔の話が正しいか正しくないは後の人間にとって根幹問題に発展するので、つい大げさに取り扱ってしまいました。

 クラシック関係者のみなさま、どうか悪しからず。

                              新   太   郎