< シリーズ “想い”  その169>

 5 つ の ハ ー ト 
【2014.8.26】
 音や音の並び(フレーズやメロディー)、和音や楽器のからませ方(アンサンブル)など、音楽におけるミュージシャンへの世間様の評価は花まる、OK(いいんじゃない!)、グレーゾーン、論外等で仕分けされる。そして、当事者(プレイヤー、コンポーザー、アレンジャー、コンダクターなど)は様々な人からのアドバイスや話から技、知識、なんらかのノウハウを戴き成長していくことになるが、やはり最終的に肝心なのは 自身のハート にほかならない。

 そこで、ミュージシャンにとってのハートとは何か? まず、今このシーンがどういうシーンなのかを読みとる、くみ取る感覚(第一のハート)、これが何より音楽をやっていく上での初めの第一歩だろう。次に、そのシーンで自分ならこれが適切ではと音を選択する感性(第二のハート)が重要になってくる。ただ、感性は日々変化するので、今はこれがいいと思っていても翌週には心移りして違う音を選択するケースは多々ある。なので、あせらず、時間をかけて何度もチェックすること(第三のハート)で、自分の感性による音や音の並びが組み立てられ、プレイヤーなり作編曲者なりの個性がそこに表現され、結果そのアーティストのハート(個性)を感じることができる、という仕組みだ。

 いつも花まるは巨匠または一流、いつもグレーゾーンは三流、いつも論外はやめた方がいい、と世間様から評価を受けることになるが、評価を気にし始めると間違いなく音楽が貧相になったり、こじんまりしたりと、いいことはほぼ起こらない。ここが当事者側の辛い所で、評価を戴く世間様(リスナー)の話は聞くが、気にはしないというなんともはや実にタフなハート(第四のハート)を持ち合わせておく必要がある。空気を読みとる敏感で繊細なハートに、ま逆のある意味鈍感なハートの、まるでジギルとハイド状態の二面性が要求されることになるが、第四ハートの鈍感性はありがたいことに年齢や経験で養われるので、やはりおおもとの自身の敏感かつ繊細な感性は当然最優先される。
 そして何より、長くやっていく為には失敗した時の反省(第五のハート)をしっかりやるということ! 反省心がなければ、いつもグレーゾーン以下ということになる。

 いい音(音楽)を提供するには才能もあるが、才能があってもこの5つのハートがなければ才能は開花しない。逆に、才能がさほどなくともこの5つのハート(世間様はこの5つのハートを総じてざっくりと「ハート」と引用している)を持ち合わせ、努力を惜しまなければ巨匠のすぐ近くまでは必ず到達できる。天才とて努力しなければ凡人。凡人とて絶え間なく努力すれば超一流にだってなれる。ちなみに天才とは、その世界に入って5年以内で頂点に達する人のことを言う。もし、5年をすでに過ぎてしまっていたら、自分にはとことん努力するしかない、と覚悟を決め、まい進するしかない。ただ面白いことに、人のハートに響くのは天才ばかりではないということ。天才はそうそう現われるものではないので、いい評価を受けるのは当然だが、見落としてはいけないのが天才・巨匠・一流およびこの世に名を残していくようなアーティストのほとんどが実に努力しているという点だ。

将来、アーティストを目指している人はこの5つのハートをふまえつつ目指して頂きたい。

― ハートは裏切らない!! ―

今後もこの法則が永遠に通用していることを信じている。


S  h  i  n  t  a  r  o