< シリーズ “想い”  その168>

 ↓ 
【2014.7.26】
 ジャズ界はほんとに来る所まで来てしまったかのようだ。決して大げさな話ではない。むしろ冷静に見てそう思う。 次々と他界していく巨匠や個性的なプレイヤーが続出する中、残念ながら中,若手にそれを補えるだけの質感と魅力を備えたプレイヤーが一人も出てこない。ベースを長年やってて一番残念なのは、いくら優秀なベースプレイヤーでもジャズ界を背負って立つというポジションには絶対にならない、ということだ。これまでもジミー・ブラントンを皮切りにチェンバースやレイ・ブラウン、チャーリー・ミンガスといったスーパーな質感と魅力があっても、やはりサイド的でしかない。となるとベース以外のプレイヤーに頑張ってもらうしかないんだが、これが一人も出てこない。そこに加えてこの経済状況。イケイケの1960年代のようなノリは二度とないだろうが、思ってる以上に冷え込んでいる社会情勢の中、ジャズ界はさらに隅っこに追いやられ、益々貧しいジャンルと化し、プレイヤーの質感は下がる一方、プレイヤーの収入はもちろんもうどん底。これ以上下がらない所まで来て、それにさらに若手・中堅、さらにはベテランまでもが こんなもんだよねとすっかりこれを受け入れ、大方の人が改善すら望まない風潮まで発生し、近い将来(ここ12)はこの風潮がはびこり、定着するのは見え見えと確信できるほどの有り様だ。

 アマチュアで楽しくやるには最適な音楽なのかもしれないが、アマチュアでいる限りジャズのほんとの楽しさはまず味わえない。スウィングし、スウィングした中でのやり取りに加えての自己主張と自己表現、イカしたフレーズやハートのこもったメロディーを提供することでプレイヤー同志のみならず、リスナーにも多大な喜びを与えられ、音楽の最終目的でもあるプレイヤーとオーディエンスが一体となれるシーンにつながっていくこの感覚。これが即興で行われるんだから、それはもうたまらない感触だ。しかし近年悲しい風潮の発生により、そこまで求めなくてもとか、なんか さわりだけでいいかなとか、もはやスウィングしてみたいと望んでいる人すら中々現れなくなってきた。自分がやってる楽器又はパートで自分が音を出せて、その時誰かと過ごす時間があればそれでいいや、と収めてしまうプレイヤーがプロでも相当な割合になってきてしまった。こうなると、これはプロ意識など当然全くなく、成長もなく、質感や魅力など論外となる。これが大多数となってきてしまったが故に、ほんとに優秀なプレイヤーはさらに隅っこに追いやられ、まるで危険分子の如く敬遠され、これまでの血と汗がにじみ出るほどの努力が実に簡単に水の泡となり、精神的にも孤立状態になってきている。もっとも、現在の日本でスウィングしているプレイヤーはほんの2〜3人でしかいないので、端っから孤立とみなされているのかもしれないが、良いものを排除し、適当なものを好むという体質はいかがなものか。

 近年N.Y.のジャムセッションでも、スタンダードはやれど大方が変拍子だらけで、アフタービートの心地よさなどはへたをすると無視されるほどの様子だと聞く。私もなんだかんだ35年以上この道を歩んで来ているが、35年前にまさかこのジャンルがこんなふうになってしまうなんて思いも寄らなかった。これが時代の移り変わりと言うなら、それはあまりにも悲しい。長年培われたノウハウは無視され、2〜3年やった程度のその場限りのものが好まれる。困ったことに、培われたノウハウと2〜3年の場当たり的なものの見分けすら出来ない、という事態にまでなっている。多くのプレイヤーがそうだからリスナーはたまったもんじゃない。ほんとにそれでいいのか。見えないものには人ってそんなにどうでもいいのなのか。こうなると 人であることすらが恥ずかしい。せめて、いいものを聞きたい人集まれぇ〜!いいプレイヤーでいたいと思う人集まれぇ〜!いいプレイヤーになりたいと思っている人集まれぇ〜!いいプレイヤーとやりたい人集まれぇ〜! 声を大にして叫びたい。

 関西弁になるけど、この日本 これではあきまへんで、いやほんま

 テクノロジーにはすざましい発展性を見せるのに、どうしてこうもアート系はダメなんだろう頭でしかものを捉えないし、ハートで感じようとしないのが原因なのは明らかなんだが、情けなや ああ情けなや情けなや。おっと、つい俳句まで詠んでしまった。これまた情けなや↓。
 もう僅かしか残っていないかもしれない心ある人々へ、どうかいいプレイヤーを見殺しにしないで!!