< シリーズ “想い”  その 17>

♪ベ ー シ ッ ク ♪
【 2001.10.1 】

最近、休憩時間とか終わってからとかに話をしてると、よく耳にするのが“ベーシック”。
 たまたまここ一ヶ月ほどの間だけかもしれないが、これも時代の移り変わりの一部なんだろうか?
 これまで多く見受けられた一発芸のようなサウンドアプローチではなく、秩序がある中での、共通の分母(ベーシック)を持ち合わせた上での個性の発揮という感覚が始まりかけているような気がする。
とてもいいことだし、これが日本全体の本流になっていけばいいなあと素直に望んでしまう!
 そこで今回はどこまで言葉で表現できるかわからないが、私くし個人の現時点で言えそうなやつを書いてみようと思います。
 まず、“ベーシック(共通の分母)”の定義は、―― 特別ないい感じではなく、ごく普通で悪くない、そんな状態(感じ)。
 例えばベースならベーシックなベースライン,ドラムならベーシックなレガートとフットワーク,ピアノ(orギター)ならテーマのメロディーが聞こえてきそうなベーシックなバッキング(ヴォイシング)
フロントはストレートメロディーかな,唄はこれに発音がプラスされると思う。
 こんなような状態が、いずれやって来るであろう個性・スタイル・アイデンティティ etc. に結び付き、それらを後押しし、ゆるぎない評価へとつながっていくように思う。
 一発芸のようなことをやって3〜5年ほど目立った動きをして、いつの間にか聞かなくなったというケースは最近Jazz界でも珍しくない。
エイジェントとしてはその一発芸をパッションとしてとらえて売りに出すのがたやすいのだろうが、多くのミュージシャンの間でそんなタイプに ? を持ち始めかけているのも事実。
 まあそんなような話はさておき、今回のメインディッシュに入りたい。
さっき楽器別にザァーと定義を書いたけど、要はこのような状態にするにはどうすればいいのかが一番の問題点。
一口にベーシックとか言っても ピン と来ないのは当たり前! そこで、‘うまく’伝えられるかはわからないが、今回はポイントを少しずつ分けながら言っていこうと思う。

 1. “ 楽器を操る技術 ”
 これは基準がとても難しい。操れるんならそれで何の問題もないのだが、なにせ即興演奏は何が待ち受けているかわからない。そこである程度の基準を見い出すなら、安定感・粒ぞろい、この辺りかな。
 “操る”とは、自在に即座に自分の思うように音を出せること。でも究極的な話をするとこの基準も(人間業として)あり得ないレベルになってしまう。例えば、
マイルスは1965年の初来日のインタビューで、「8小節だけでいい、思うように吹いてみたい」 と答えている。 ・・・・・・・・・・。
もっともこれは全くの理想型と思われる話なのでこの基準は論外なのだが、たった一人、この基準をクリアしてしまっている(してしまった)プレイヤーが存在したのが正直びっくり。
それは  King of Jazz ことチャーリー・パーカー。 きっとマイルスは彼のその自由さに到達してみたかったんだと思う。
(到達できなかったが故に別の魅力が出てきた事実はとても喜ばしい話ではあるが)でも、端(はた)から見てもかれこれ100年近くになるJazz界で、これほどまでに自在なプレイヤーはやっぱり バード しかいない! ほんとに凄い人だよ。

 2. “ オーケストレーションシステムの理解 ”
 大げさに言えばありとあらゆるケースにおいて、可能な限りのバリエーションの扱い方が基準と言えるかな。
勿論本筋の ここは、これだろう! というようなオリジナルオーケストレーションは、これ以前の基準として必修なのは言うまでもない。もっともオリジナルを学ぶだけでも相当な時間が必要ではあるのだが、もう一歩踏み込んで、この辺りまでを基準とした方が、アンサンブルを考えた場合いいような気がする。で、始めに‘ありとあらゆる’と言ったものの現実問題としては、片手ほどの数のバリエーションの出し入れが理解されていれば、まずはいいと思う。後はその数が多ければ多いほど、そのプレイヤーが素晴らしいというだけのこと!

 
 TO  BE  CONTINUE, ………
                               

                   
                                               新 太 郎