< シリーズ “想い”  その167>

 お   葉 
【2014.6.26】
 私が30歳を少し過ぎた頃だったか、今は亡きトランペッターの 奥田章三氏 の口から思わずこぼれた一言、「20代、30代で散々試行錯誤を繰り返し、40代の10年間をかけてみっちり考え抜いたものを身につけ、固める。そして50代ではそれを土台に音楽をする。技術とはそういうものだ。」 実にカッコイイ!! 以来、私はこの言葉にしびれ、信仰し、ここまでやって来たんだが、私ももうあと少しで60歳(還暦っ〜、トホッ)。なの〜に、未だに試行錯誤の連続だ。奥田氏の話ではとうの昔にこんなものはすっかり終えているはずなのに、一体どうしたことか。もちろん一時的に コレかぁ〜、と思った時期はあったが残念ながらそれを固めるまでには至らなかった。

 30歳の頃にありがたく頂いたこのお言葉が正しくないのか、はたまたこちらのこれまでのツメが甘く、単に見極められなかったということなのか。やってもやってもまた次が訪れるこの現状、いや症状か。今はすでに奥田氏のお言葉通りにいっていない現実を割り切り、自分なりにやっていくしかないという選択肢ゼロの開き直り状態なんだが、中々当初のプラン通りにはいかないものだ。

 今言えるのは、このお言葉はそれなりに正しいのかもしれないが、技術は皆それぞれ身につけるものが違ってくるので通り一遍とはいかないのではと考えている。でも、このお言葉をあの時に頂いていなかったら、ここまでの気持ち面でのポテンシャルは保ててなかったかもしれない。結局私の場合、生涯あれやこれやと試行錯誤がずっと続いていくんだと思うが、私にはマッチしなかったとは言え、このようなお言葉に若い間に触れられたことには心から感謝するしかない。


                               新   太   郎