< シリーズ “想い”  その166>

 ク 式 
【2014.5.25】
 自分で言ってりゃ世話ないが、自らの言い出しっぺで ♪ クリンクリン方式 ♪ というのがある。そこで、この場で公に唱えてみたい。もっとも、今の所事例がまだ少ないので皆さんに公認して頂くまでには時間と出来具合の結果データが必要なんだが、今までの所100%近い確率で機能しているように思える。ただ、現時点で大きくわけて2つの問題がある。

 一つ目は、アマチュアの方々にこれを実行・実演してもらった際に、それを見ている、聴いている側の人達はほぼ全員が揃ってその変化に驚き、感心するのだが、肝心の本人にはイマイチ自覚症状がなく、その変化にピンと来ないというケースがある。たった数秒・数分で見違えるようにいい感じになったり、Swingし始めているのに、本人達には客観的に感じ取れないのか、どうなっているのかが把握できないでいる。残念なことに before after で録音をとって本人に確認をしてもらっても、その違いがわらなかったり、その場では否定できないから何となく変わっているかもと仕方なく同意したりの範囲で、本人自ら「アッ!」となるケースが少ない。でも、周りの人達にはその違いは歴然で、おもしろいことに同レベルの人同士でも他人の変化なら分かるのに、いざ自分となると何故だか変化に対して自信なさげな態度になる。プロから見ればほぼ瞬時に「お見事っ!」となるのに、当の本人が中々納得できないのはこちらとしても達成感という点でもう一声となって、この辺りがこの方式の問題点の一つかなと。ただ根本原因は明白で、本人がSwingそのものを知らなかったり、いい感じでSwingしている状態がこれだと認識できないでいるのが主犯。なので、当然のことながらアマチュアのプレイヤーでも聴いてる時にSwingの心地よさを知っている人の場合は瞬時に「アッ!」となる。

 もう一つの問題は、プロがこれをやってどうかという点で、これが言わば食わず嫌いというのか、今さらなのか、この方式をやろうとしない。すでにSwingしてるならまだしも、Swingに到達していない場合試してみてはと思うのだが、これが思いのほか腰が重い。そこで身近なプロの仲間に何とかこれをやってみてもらった所、まず「なるほど!」と納得はして頂けるんだが、その直後に「自分のやり方で十分」という考え方があるのか、この方式は瞬時に却下されてしまう。確かにプロともなれば自力で進むというのは当然のことだし、ゆくゆくは自己のスタイルの構築という大目標があるので、こんな所で助けを借りてるようではとなるのだろう。使えるものは使った方が大目標達成の為の時短にもなるのだが、やはりそこはプロのプライドなのかもしれない。こればかりは私の力量ではどうにもならないのでどうしようもない。これが二つ目の問題点だ。

 前フリがめちゃめちゃ長くなってしまったがこの方式をザッと説明すると、まず直径10cm程度の円を自分の胸の前辺りで指先でもって描き、一周を一拍として回転(クリンクリン)させる。次にこれが肝心要の話で、描いたその円周の軌道上に意識(注意)を集中させ、あたかもその軌道上に自分が居るかのごとくメロディーなりフレーズの音を発してみる。歌手の場合は実にダイレクトで、そのまま何らかの曲を好きなテンポで唄ってしまえばいい。楽器のプレイヤーは先ほどの軌道上で口でもってまずはメロディーやフレーズを唄い、唄った感覚をできる限り移しかえた状態で自分の楽器で先ほどの感覚通りに奏でてみる。ただこれだけ! もしすでにSwingという感触が耳であらかた把握できている人は、自分の口で発した音(メロディーやフレーズ)がこれまでと違う推進力とリラックス感に包まれた状態になっていることに気づくと思う。この時、軌道上での意識がなかったり薄かったりすると、楽器に置き換えた時に上手く機能しないのでここが重要なポイントではあるんだが、この話をこれ以上文面で説明するのが意外に難しく、何故なら話自体が実にシンプルな上に、あまりの単純作業なのでこれ以上の説明が困難という実状だからだ。、なので、これで兎にも角にもクリンクリンの感触と感覚を掴んで頂き、口で唄って楽器に移し換えるという作業をしばらく継続、反復し、コツが掴め始めればしめたもの。後は色々なメロディーやフレーズで試し、Swing感をゲットして頂きたい。もし、この話がわからないという人はご面倒でも私から直接話を聞いて頂けたらと思います。

 長年 Swing というものをどう説明し、どう伝えればいいのか。これほど難しいものはないということで取り組んで来たんだが、3年ほど前にこの方式を発見し、これを説明、実行、結果を繰り返してきた。これまでよく言われている3連音符がどうのこうのという話も自然に組み込まれているし、おそらく多くの諸先輩方の様々な説明・アドバイスのほとんどもこの方式の中に存在し、統合性、簡素化、時短の面でもSwingさせていく時の学習面での機能性はかなりあると信じているので今回このクリンクリン方式を紹介することにしました。
 話があまりに単純なんで第一感「そんなバカな?」とほとんどの人が思うと思いますが、やってみると本人の感触以上に成果があるので、Swingすることに興味のある方は是非やってみて欲しい。わからなければ私の所まで来て頂ければ納得するまでお話し致します。
 この方式はプロからアマチュアの方まで機能する話で、さすがに今から楽器を始めるような人にはしばらく関係のない話になりますが、Jazzを始めて数年経ち、マジでSwingに興味を持ち始めた方から熟年のプロまでの範囲で効果・効能があると信じています。ごく稀だと思いますが、万一機能しないケースが出現したら、真摯にそのケースへの対応もしていきたいと思っています。

 単純明解クリンクリン方式、是非やってみて下さい!

S h i n t a r o