< シリーズ “想い”  その165>

 やっと わかった! 
【2014.4.25】
 素朴で、何てことない、でも結構長年の疑問だったんだが、やっとわかった! 稀というより時々見受けるかな、程度の話ではあるが、技術がさほどでもないのに妙に説得力のあるプレイヤーが存在する。何故に?

 これは天性でもなければ、たまたまでもない。絶妙なバランスにある時に起こる。この現象は初心者のアマチュア、駆け出しのプロで時々見られ、稀に大ベテランの枯れた芸風などでも見受けられる。

例えば、海外から日本に来た観光客で日本語があまり話せない人が片言の日本語で何かを尋ねてきたら、大抵の人は何を言わんとしているのかを、少ないボキャブラリーと不完全な発音から何とか聞き当てよう、理解しようと積極的に身を乗りだす。そうすることでお互いの距離感が一気に縮まり、意志の疎通が計られ、結果、相手の言うことがわかる、というケースを体験された方はかなり多いのではと思う。
 冒頭の話は正にこのケース同様で、技術的に今一つ、もう一歩辺りのプレイヤーで、でも振り絞って何かのことを言わんとするような音を聞くと、人は自然と聞き耳を立て、何を言わんとしているのかをそれこそ身を乗りだして聞こうとする。この時、プレイヤーと聞き手の距離感がぐっと縮まり、プレイヤーの方でいいフレーズになってなかったり、ピッチが少々へんてこりんであったり、タイム的にも上手くハマってないにもかかわらず、聞き手側が歩み寄ることで、くみ取り、想像し、結果聞き手は「わかるなぁ〜!」と納得したり、感心したり、痺れたりして、なんだか気がつけばまかり通り、説得してしまっている。

 大抵のプレイヤーは聞き手にわかって欲しいので、その為に技術の向上、サウンドの研究、フレーズ・メロディーの流暢さなどを求め日々葛藤するのだが、結構笑えない話で、お見事なまでの技術の持ち主の音には人は感動しない。そこまでの技術を身につけるのにどれほどの年月と苦労が伴っていようとも、残念なことにこのケースの評価は思ったほど上がらない。逆に先ほどの技術的に少々至らないケースの方が評価または讃賞を受ける場合がある。

 今の時代、色々なノウハウが登場し、技術は一生かかってもやりつくせないほどの膨大な量の多種多様にまでなっている。なので、どこで切り上げ、どこで良しとするか。ここが長い音楽人生を支えていくための最大のポイントになる。ではと今回の話から、技術のつけ過ぎは及ばざるが如し!なんてことを思ってしまうと、もうこの辺りでいいかと、ついサボってしまうんだな、これが。こうなるとマジでちょっとマズイよね()。しかも今回の話、意識してへたくそに振る舞ったりは即バレてしまうので、たまたまそんなたどたどしい時期を過ごしている時限定というのも理解しておく必要がある。結局、自分に必要最小限の技術を身につければいいということなんだが、そんなバランスを一発で見極められる人なんてまずいない。歌心と技術のバランス。これが解かれば巨匠ってことですかね(笑い)。

                              新   太   郎