< シリーズ “想い”  その164>

 日々の暮らし ― 番外編 ― 
【2014.3.26】
 若い頃、水と油のような関係のプレイヤーで何度やっても上手くいかず、結局疎遠になり、お互い20年30年と年を取って、たまたま何かの仕事で思いがけずばったり共演することがあるが、、、これが意外に面白い。お互いの感性の中心部の距離感はやたら離れていてその昔と何ら変わらないのだが、年を取ることで幅が生じ、間口が広くなることで接点が発生してしまう。こうなるとやりにくさは激減し、逆に中心部が離れている分、音楽にもえらく幅とユニークさが出現する。若い頃はお互いに、もうこんな奴とはやってられん、なんて思っても、これが長年の年月を経て再会すると妙な化学反応で、それ以降の交流が始まったりすることがある。

 音楽には大きく分けて3種類のバンド構成がある。一つは親方絶対服従バンド。一つは同類の集団バンド。一つはマイルスが考えていた色々なタイプの集合バンド。親方絶対服従バンドは親方以外はつまらない可能性が大だが、後の二つはどちらも面白い。特に三つめの集合バンドは、一見すると水と油のようなあまりよろしくないプレイヤー間の関係性が勃発しそうだが、メンバーの選びよう一つでそれは見事に解消され、むしろ想像もしない化学反応が発生し、意外な達成感さえやって来る。例えばそれは、ABが水と油でもCが触媒の役目を果たすことで全体がマッチングしてくるというからくりだ。ただし、リスクはVery  High!言わば、典型的なハイリスク・ハイリターンなんだが、マイルスはこれに賭けて勝負して来た。これはまさに彼の音楽的センス以外の部分での真骨頂の眼力と言えるだろう。

 ちょっと話が脱線しそうになったが、お互いが長年生き延びるという条件が必要だが、こんな奴と二度と・・・・、なんて思っていても意固地に拒まず、何かの縁が訪れた時には勇気を持って引き受けることをオススメする。基本ダメ元で、化学反応が起きなければそれはそれで諦めるしかないが、何が始まるかは ホント わからない。そう思いながら過ごすだけでも結構日々は楽しくなると思う。


                                新  太  郎