< シリーズ “想い”  その163>

 よくよく考えてみると時間はかかるはず 
【2014.2.28】
 1950年代以前に登場した多くの巨匠の大半が10代後半から20代前半にかけてデビューし、すでにその時点で自己のスタイルが完成しているか、もしくは完成間近のいずれかで、実に早熟だ。人の平均寿命が60代前半という時代なだけに、早くに出来上がっていないことには人生のプラン上差し支えるといういきさつの理由から必然的な傾向なのはある程度理解できる所だが、理由はそれだけではない。最大の理由は、それ以前の音楽シーンにスタイルというものすら無かったことこそが、楽にそれぞれの趣味が結集した形(スタイル)というものにつながっていったことにあると言える。
 1940年代にビ・バップが登場し、多種多様なアプローチが可能になったおかげで、1950年代に入ると飛躍的にそれぞれのスタイルを持ったプレイヤーが続々と現れた。ところが、1960年代に入るとそれは途端にペースが落ちる。そして、1970年代以降今日までの範囲でスタイルを持ったプレイヤーはほんの数名しか出現していない。しかも、スタイル完成時の年齢は確実に高齢化している。
 冒頭の人の寿命との関係性も多少あるのかもしれないが、ありとあらゆるスタイルの登場で、個性というフィールドも残り少なくなってきているのと、何より、単に趣味的に音符を並べた際に過去の誰かとやり口がかぶってしまい、えらく批判を食らうケースが現われ、それを避けるためにあえて過去のほぼ全てを検証しなければならなく、これにやたら時間を費やされてしまい、自分の感性が過去の誰ともかぶらないのを確信した上で、いよいよ自己のスタイル(New Taste)を構築していくという手順を踏まざるを得ないという必要性が高齢化の一番の要因だろう。
 へたをすると過去の検証だけでも30年くらいはかかってしまうかもしれない。20才でこの作業を開始したとしても、完了時はすでに50才ということになる。これでは1950年代以前の巨匠達のような早熟という訳にないかない。全てを網羅した上での自分らしい、しかも独自性のある表現を目指す事がどれほど難しいかということなんだが、これは昔の人には分らない苦しみと言っていいだろう。

 クラシックのプレイヤーは60才で新人とよく耳にするが、Jazz界もいよいよ60才で新人の時代を迎えたようだ。私自身もあと数年で60才になるが、今現在は新人以前のぺーぺーのかけだし、といったとこだろう。
 いよいよもって新人になるという数年先の楽しみがあれど、よくよく考えてみるとたらふく時間がかかるというのはよくわかる。さらに言えば、私の次の世代やその次の世代ではもっと時間がかかることになり、年齢的にも押し迫ってくるし相当大変なことになる。少しでも効率のいい学習法を見つけない限り何もかもが難しくなる。次世代にどう言ってやればいいのか。自身の成長と同時に考えていく必要がある。



s  h  i  n  t  a  r  o