< シリーズ “想い”  その162>

 な ん て こ っ た 
【2014.1.28】
 つい先日、ひょんなことで若い世代(と言っても30才前後)のプレイヤーと元プレイヤーと話す機会があった。丁度年輩バンドの録音直後だったので‘味’の話になって、20代・30代のプレイヤーのほとんどはベテランプレイヤーの‘味’という点を認めつつも、そこに憧れを持つ人はあまりいないかも、という話を聞いた。これは国内外を問わずそんな状態になっているとのことで、我々の世代の若い頃の見方・考え方と大きな隔たりがあるようだ。

 我々の世代の若い頃と言えば、とにかく「あのようになりたい!」、みたいな所でSwingはもちろん味も含めて先人達を追い求める感が強くて、30年40年経った今、ようやく思い続けた場所にもたどり着き、いよいよ自身のみの世界感にも着手していこうとしているんだが、今の若い世代では先人達を目指す感覚なんて話はほぼなく、むしろいきなり自分達の世界観を模索していこうというのが考え方として主流のようだ。なので、先人のごきげんなSwing感や味には鼻っから興味を示さず、先人のやっていない変拍子やトリッキーなリズムを手掛ける傾向にある、というのだ。
 確かに歴史を否定することで新しい何かが始まることはあるので、そんな見方・考え方もわからないではないが、Swingを知らない、いや知ろうとしない世代にJazzの云々を言っても耳をかさないのはこの辺りに原因があるようだ。

 躍動しないリズムはリズムなんだろうか?? 我々の古い考え方ではいくら変拍子やトリッキーなことをやってもSwingしていなければ何にもならない、ということになるのだが、Swing自体を無視している人はこの辺りをどう考えているのだろう。
 後、驚いたのは‘味’を追いかけてはみたが中々モノに出来ないからやめてしまった、ということなんだが、よくよく聞いてみると、3〜4年やってどうにもならなかったし例え辛抱して30年やったとしてもそれが自分にとって喜びになるかが怪しいし、何より30年も待てないし、更には先人のやったことを繰り返す必要性を感じない、とのこと。だから、Swingしていく為のステップとしての、基盤としてのビ・バップの学習もやろうとしないし、スタンダードにも関心がなく、ただただ自分達のオリジナルで勝負という風潮になっている。

 歌わない、Swingしない、躍動しない。そんな音楽って通用するのかなあ〜??? 単に今の20代・30代は氷河期ってことで、その下の世代ではまた大切なことが復活して、その時 New Wave ってことになるのだろうか。あまりの程度の低さに、ちょっぴり悲しい気分になってしまった。20代・30代の全員ではないにしろ、やはり一人でも多くの人に音楽たる由縁、意義、意味合いに気づいて歩んでもらいたい。このままだとほんと、ああ〜なんてこった、ってことになりかねない。


新     太     郎