< シリーズ “想い”  その161>

 気 づ く 
【2013.12.27】
 ‘音’は目に見えない シロモノ なだけにこれを言葉や図や絵に置き換えたりしても、中々ドンピシャとはいかない。言葉や絵に置き換えられないという絶対的な特性があるが故に、逆にこの世界の価値があり、存在の意味もあるのだが、いわゆる 感じや感触 を伝達するのに実にシンプルに時間もさほど使わず行なえるのが何よりの特性と言える。
 しかしながら、この特性の理解とコントロールを身につけるのは全く以て容易ではない。歌なら歌、楽器なら楽器の最低限の技術を身につけない限りどうにもならないし、何も生まれないし、当然伝達なんてできっこない。ただ、技術は誰かに習えばそこそこ身につくし、それこそ先生を乗り換えればいずれは抜群の技術にも到達するだろう。なので、意外にこの件に関してはある程度時間の問題と言える。問題は 感じや感触 は技術だけでは思っているほど伝わらない、ということだ。

 ここで何が大切になってくるのか。それは、自身の中で上手く言葉にはできないが、心のバイブレーション的感覚をまずは保持しているかどうかになる。これがなければ伝えるものが元々ないことになるので音楽としては成立しない。ただこれも、バイブレーション的感覚というものは恐らく多くの人がそう苦しまなくとも子供の頃から持っているものなので、ここでも大きな問題にはならない。
 では、どこで、いいプレイヤーとそうでないプレイヤーに、こんなにも差ができてしまうのか。 それは、ささいなちょっとしたことに‘気づく’かどうかが大きく影響を及ぼすことになる。塵も積もればという ことわざ があるが、まさしくこのことわざがピッタリだろう。技術の習得の際に教えてもらう事以外に何かに気づく。練習をしている時に何かに気づく。レコードやCDの音源を聴いている時に何かに気づく。仲間と演奏をしている時に何かに気づく。他人の言動や行動、動物や自然界の現象のような音以外のものから何かに気づく。ほんのささいな、つい見落としがちな、聞きそんじがちな一瞬の隙間から何かに気づく。はたまた夢の中からでもいいだろう、この‘気づく’という要素・行為を持ち合わせているかどうかで、いいプレイヤーとそうでないプレイヤーに分かれていく。
 例えば譜面を見た時に、弾いた時に、その譜面が意味している本意に気づくかどうか。これは、クラシックのプレイヤーにとって何よりも重要事項となっているが、ジャズでもメロディーの流れの中に存在する何か大切なシーンに気づくこと、アレンジものでもアレンジャーの意図するポイントに気づくことなどは、プレイをする上で相当なウエイトになるのは言うまでもない。若干話が反れるかもだが、私は弟子達に譜面に関しては「書かれていることは暗号だと思え!」と言い聞かせている。これも、いきなり言われては何も読み取れないが、先ほどの話で‘気づく’行為が常々行われているとここでも何かに気づき、それを読み取り、取り込み、取り込んだものを自身の中(心の中)で変換し、それを楽器なり歌で表現することが出来るようになる。全てはこの‘気づく’から始まる。この感受性(感性)があるかどうかがとてもデカイのだ。万一この件について考えたことがない人は、今回のこの‘想い’の話からさっそく‘気づく’を念頭に日々の生活を開始すればいいだろう。

 発見(気づく)の連続は発想を生み出し、発想の蓄積は発明につながる。音楽の場合、発明は音を出す行為そのものに匹敵するし、その集合体なり集大成は曲や演奏となって発信されるようになる。
 ほんのささいな‘気づく’に目と耳を傾ける感受性の習慣。特に次世代のプレイヤーには是が非でもこれを大切に、日々の努力をまい進してほしい。


新     太     郎