< シリーズ “想い”  その160>

 乞 い 願 う 
【2013.11.27】
 Jazzの世界でSwingしている人(日本人ではほんの数名にとどまるが)のポテンシャルとクオリティーはクラシック界の現存する世界の巨匠に匹敵する。そのクラシック界の巨匠達は皆、立派な地位と発言権があり、裕福ではないが音楽の世界で生きていくための十分な保障が確保されている。欧州では特に、自治体や市民自らがそんなプレイヤー達を支えている。要するに、そんなプレイヤー達の存在価値を多くの人々が認め、保護していくというスタンスが確立している。クラシックバレエ界でも同様だ。
 しかしながら、Jazz界には優秀なプレイヤーを市民や政府(自治体)レベルで支えていこうというスタンスは一切存在しない。中には、そんな生活保障はSwingの妨げになる、と言う人さえいる。食うや食わずの頻死状態が何より質のいいSwingを生み出す、と考えている人達がいて、さらに状況を悪くしている。

 なんで、Jazz界=貧しい、という構図になってしまっているんだろう。やってる側から言わせてもらうと、音扱い一発で、単なる音という信号から痛快な気分にさえさせてしまう‘Swing’という領域は、これをもって芸術と言ってもまったく恥じないものだと言い切れる。Swingするための要素の獲得には5年や10年では到底不可能で、ざっくりだが30年で到達するプレイヤーはかなり優秀と言っていいし、そんなプレイヤーはクラシック界の巨匠達を超えた領域で音を操作できる腕前を持ち合わせており、当然絶大な評価がそこにあり、何万人もの支持と支援があってもなんら不自然ではないと思うのだが、まったく真逆のこの現状は一体全体どういうことなんだろう。結局はSwingということがわからない人達が圧倒多数で、Swingを感知できる人があまりの少数、ということなんだろうか。
 確かにこれまでの歴史を見てみると、芸術という世界と貧困は切っても切り離せない関係であるかのようだが、とてつもなく優秀なプレイヤーが全くうかばれないのはあまりにも悲し過ぎる。ビジネスの世界で大成功を収めた人が個人的に、そんなとても優秀なのにうかばれていないプレイヤーを支援するような型(パトロン)があっても良さそうなもんだが、今日それもほとんど聞いたことがない。優秀なプレイヤーの多くが生き延びることさえ困難な状況になってきている今日、どんな型でも、スタンスでもいい、「支援」という支えが何とか発生しないものかと心より乞い願う。

 Swingしている音は心をリラックスさせ、疲れを吹っ飛ばし、明日の活力になるのは今さら言うまでもない。それは、感動的な美味しい料理同様、いやそれ以上の効果・効能がある、と断言できる。名盤と呼ばれるレコード、CDなどからも多少はその効果・効能はあるが、Swingしているプレイヤーの生音のそれは絶大と言っていい。
 確かにSwingしているプレイヤーがごく少数であるという現状も、やる側として問題があるかもしれないが、それくらいSwingすることは難しいし、Swingしているプレイヤーは大変な希少価値であるとも言える。そんな絶滅危惧種のようなSwingしているプレイヤーを、富を得た方々を筆頭でもいいし、市民レベルでもいい、少しでも多くの人達に支援して頂き、存続を促してほしい。間違ってもSwingしていないプレイヤーに多額の支援をしてしまうことだけは何が何でも避けてほしい。それは、有名な人が必ずしもSwingしているとは言えないからだ、この国では。

 Swingの見極めの耳と心を養って頂き、Swingしているプレイヤーとの機会を継続し、この人ならと心が決まってからでいいので、惜しみない支援のほどをお願いしたい。このままではJazzそのものが絶滅危惧種になりかねない。
 正しい、見合った、評価と支持と支援が存在するような時代が訪れることを私は心より乞い願う。


新   太   郎