< シリーズ “想い”  その159>

 アルコ 
【2013.10.26】
 今回は専門的なお話。 お題は、♪ アルコ ♪。

ジャズベースプレイヤーにとって弓弾きというのはかなりのハードル。ピチカートでの楽器の基本技術を身につけ、和声・和音の基礎知識を学び、曲の勉強と研究、ベースラインの構築、そしてメロディーを奏でる味を占め始めれるようになったらようやくこの‘弓(アルコ)’の登場となる。
 クラシックのコントラバスでは最初っから弓弾きがほとんどなんで、弓にたどり着くまでのジャズベーシストとの道のりとはかなりの隔たりがある。同じ楽器でもジャズとクラシックでは、作業と道のりは別物と言っていいだろう。

とまあ、そんなやっとのことでたどり着いた弓弾きなんだが、これが中々というよりほとんど寄せつけないほど手強い。
まず、弓の基本操作に長年を要する。10年で身につくだろうか。10年で基本が備われば、その人はかなり優秀なプレイヤーと言っていい。弓を持てるようになるまでに時間がかかり、音になるまでにまた長時間が費される。ロングトーンを10年以上やり続ける作業はほとんどお坊さんの修行のようだ。そして、やっとのことでロングトーンがメインの練習メニューからはずれ、いよいよ細かな話(技術)に入って行くんだが、この細かな話がミリ単位で襲ってくる。楽器の中では大きい部類にも関わらずだ。バイオリンの4倍ほどの弦長があるにもかかわらず、話の細かさはバイオリン並。これには正直面食らう。つい、辞めてしまいたいと思ってしまうが、ようやく手に入れた道具に機会だし、ここまで10年はかけているし、そう簡単には諦める訳にはいかない。なので継続していくんだが、やってもやってもやってみたい領域にはこれまたほど遠い。一体いつになったら少しはやれるようになるんだろう、とまたまた落ち込んでしまう。全く以て「落ち込み」と「いやいやまだまだ!」との往復を何回繰り返さなければならないのか。と、また落ち込む。

ちょっと前フリが長過ぎたが(ここから先はベースプレイヤー以外はちんぷんかんぷんかもしれない)、弓にはジャーマンスタイルとフレンチスタイルの2種類があるが、ここからの話は共通した話。
 クラシックの場合曲全体のスケジュールを譜面を読み解くことで、弓の配分(どの部分を使うか)はほぼ確定できる。しかしジャズの場合、本人ですらすぐ次のシーンでどうなるかがわからないので、配分スケジュールは立てられない。そこでいかに即興に対応出来うる弓のポジションを用意しておくかに練習の多くは費されることになる。端的に言って、弓の中央部での細かな距離間での往復反復練習が主となる。やや手元側のポジションでは音量は得られるが、柔軟に対応しきれなくなるケースに時々遭遇することになるばかりか、意外にスウィングさせにくい。先っぽ側でははっきり音量に乏しく、となりの弦への移動が格段に難しくなる。なので中央部、となるのだが、ここが意外や意外思っている以上にスィングしてくれる。ただし、この場所での反復練習は相当積まなければならないし、それ以外にも色々な技術があっての話で、残念ながらピチカートでスウィングしていない人は、まずはピチカートから、ということになる。
 とまあここまでは時間さえあればやってこれるんだが、ここからがいよいよもって正念場。よく言う「楽器の持ち替え」でサックスプレイヤーがクラリネットやフルートを持ち替えて演奏するが、この時の楽器の持ち替えの落差を仮に「レベル1」とすると、ドラムのスティックとブラシの落差は「レベル2」。同様にピアノとキーボードの落差も「レベル2」。トランペットのオープンとミュートは「レベル3」。ちなみに、ウッドベースとエレキベースも「レベル3」。トランペットとトロンボーンは「レベル4」。そして、ベースのピチカートとアルコ(弓弾き)は「レベル5」。 いかにとんでもない落差があるか、おわかり頂けると思うが、この落差をどうにかしない限り弓弾きは夢のまた夢となる。 ポール・チェンバースのようなアプローチも若い頃は世間も目をつぶってくれるが、年を取ってくるとやはり培われた個性が多少なりともないとスウィングしない。中堅,ベテランプレイヤーでいつまで経っても若い頃に痺れたプレイヤーを追いかけ続けている人がいるが、それが全くスウィングしていないのに本人は気付いていないのだろうか。それとも、生涯スウィングは諦めてモノマネ芸人的カテゴリーでと思っているのだろうか。残念ながら、ジャズ界も、人のふんどしでは相撲は取れない。となると、チェンバースやスラム・スチュワートのようなスタイルはあくまで参考とし、彼らのプレイスタイルを下地にしつつも自己の感性を優先させ、自身の唄い口を目指していくしかないんだが、先ほどらいの長時間、長年、超落差等の幾多の障害があるために中々たどり着けないのが現状だ。それでも、自分の中での楽しみに違いはないので、地道に歩んで行くしかないんだが、ベースの弓(アルコ)ってほんと

大変〜!!

                            新  太  郎