< シリーズ “想い”  その158>

 次 世 代 へ 
【2013.9.26】
 芸術関係のほとんどがアベノミクスの恩恵を全く受けていない中、2020年の東京オリンピック・パラリンピックが決まった。

 東日本大震災の数年前からあやしくなりかけていたJazz界に震災がやって来て、何の効力もないどころか逆に経費増のアベノミクスが登場し、いよいよもってお先真っ暗の所にオリンピック・パラリンピックが決まった。復興、放射線問題、1000兆円を超える国の借金など、大問題が山積しているとは言え、多少なりともJazz界にも何らかの恩恵があればと関係者一同心から願っている。

 Jazz界があやしくなってきているというのは、仕事がじわじわ減ってきているのもあるが、何より次世代へのバトンタッチに大変大きな問題が発生している。
 稼げない世界に魅力はない。確かにそうだ。長年に渡り歯をくいしばり、汗水を流し、ようやく手に入れた自身のスタイルも、これまた中々評価を頂けない。経費がかかり、年数がかかり、稼ぎは少なく、相当な腕前でも評価はさほど頂けないとなると、誰がこの世界の魅力に魅せられて、この道を極めようとするだろうか。さらに拍車をかけているのが、テレビを中心とするマスコミだ。番組にJazzバンドが登場しても、例えば選曲はポップス曲をJazz風にとかの要求を突き付けられ、ほとんどのプレイヤーが実力を全く発揮できないまま放映され、これを見た視聴者がこれをJazzだと思い、それを期待してライブハウスに足を運ぶのだが、あまりの違いにドン引きし二度とライブハウスに足を運ばなくなる。それでも一度はライブに来てくれる人はまだしも、テレビ放映を見てオチャラケ演奏を見聞きした瞬間に、瞬時にJazzに対する興味が生涯閉ざされてしまう人の方が圧倒的大多数に登る。こんな具合で、まっとうなJazzはいよいよもって隅っこに追いやられてしまっているのが現状だ。今のテレビ番組の多くを占めるバラエティーに全ての基準が当てはめられ、本当に素晴らしいものはJazzに限らず実にないがしろにされてしまう。さらに情けないのが、Jazz関係のマガジン、雑誌までもが右にならえでバラエティー化し、外からも中からも本物を伝えるすべを失ってしまっている。そこに、次世代にいい感じでバトンタッチをと考えていても、受け取る側はJazzとは全く違うものをJazzだと思っていたり、世代ギャップで若手プレイヤーにちょっと注意しただけでもさっさと去って行ったり、ぐっと歯を食いしばり頑張っていてもオーディエンス側がテレビの様なバラエティー感がないというだけで評価にされないことでショックを受け続けられなくなったりで、なんともはやこれ以上の悪循環のジャンルはほかにないのではと思えるほどの様になっている。中堅、ベテランプレイヤーにも、ウケ狙いのバラエティー路線に向かっている方が多数いるし(理由は、そうしているといつの日かテレビに出れるかもと思っているから)、全く以てこれまた中からも外からも崩壊の一途をたどっているかのようだ。

 Swingするプレイヤーもすっかり減ってしまった。これは日本以外でもそうなんだが、ますます‘伝授’なんてどころじゃない。本物が評価を受けられず、本物が次々といなくなる。そして、違ったものが一般受けをして、へんてこりんなものだけが居残るというのが現実的になりつつある。当然、この流れを食い止めるのは容易ではない。もちろん私自身がやれることは精一杯やっていくし、何とかこのピンチをチャンスだと思って色々と手をこまねいていくつもりだが、やはり一人では余りにも非力だ。
 東京オリンピック・パラリンピックも決まったし、今後向こう7年は海外からの来客はぐっと増えて来るだろう。そんな来客者にへんてこりんなJazzは聞かせたくない! 日本人が思っている以上に海外の人達は音にはすごく敏感で、偽物は瞬時に見破り、そして瞬時に日本人をバカにすることになる。「おもてなし」を掲げるのであれば、ごく僅かになってしまっているがSwingする本物のプレイヤーを前面に出し、テレビ局を筆頭にマスコミ関係者も本物を紹介するべきだし、そうすることでテレビ離れも食い止めることができるのではと思う。ただ問題は、マスコミ関係者に本物を見分けることの出来るディレクターなり権力者がどれほど残っているかだ。

 どこにきっかけがあるかは分らない。もうこうなったら何でもいいから、このオリンピック・パラリンピックをきっかけに 正しい物の見直し という流れになってくれまいかとただただ祈るばかりだ。何とか、何とか、食い止めたい!! そして、次世代にバトンを渡したい!!

               S H I N T A R O