< シリーズ “想い”  その 16>

♪JAZZ LIFE 廃刊♪
【 2001.8.29 】

JAZZ LIFE 廃刊で悲しむファン・ミュージシャンは非常に多い。理由の一番は各クラブに出演するミュージシャンの名前が一人一人丁寧に書かれていたこと。
これによって、だれが どこで やってるかという情報入手が難しくなった。
しかし、これも時代の移り変わりなのだろうか? 情報入手の点では各プレイヤーが自分のHPを立ち上げ、常時更新しておけばある程度カバーできるだろう。だが、廃刊による しわ寄せ はそうそう簡単ではない。人間だれしも何事もやっぱりめんどくさい! ちょっとWebを開けば済むだけの手間に慣れてくるまで、これはそこそこ時間がかかると思う。
よくよく考えてみると、一冊買っておくより恐らく安上がりになるだろうけど、JAZZ LIFE は色々な情報が入っているので、ここがまたしても多大なポイント所。
日本のジャズ界がこの廃刊によってピンチになるとは思えないが、橋渡しとしての役割は大変大きかっただけに、やはり残念の一言に尽きる。ただこの廃刊に伴い、次の新しいタイプの替わるものが登場してくるのなら、これはまた大歓迎な話になるのは間違いない。
  ------ ここで呼び掛け ------
 全国の皆さ〜ん(いや全世界でもいい)、どうでしょう ネット網を使って本に替わるサイトとしての‘JAZZ LIFE 2(Two)’をどなたか立ち上げることはできないでしょうか〜?
 プレイヤー別,クラブ別はもちろん、コンサート,イベント,その他CD発売,吉報,悲報、無理をせず集まってくる情報を随時掲載し、後(私の個人的な)アイデアとしては、毎月ライター入れ替わりでJAZZのワンポイント講座を設けるとか(勿論編集者からの依頼が望ましい。理由は かたより が少しでも少ないと思われるから)、色々な方,他方面からの助言を取り入れながら、じわじわバージョンアップし、時間を掛けていいバランスの情報サイト、こんなのできないもんでしょうか?
PCに関して貧困がゆえにこんなこと、簡単に言ってしまうのがミュージシャンたるあさはかな所。ま、しかし、この点は大きく目をつぶってもらって(かなり一方的)、いかがでしょう?
 広告(企業の)を載せるもよし、そこから手間賃を取ってもらうもよし、ある程度は一番乗りの特権としていいんじゃないかと思うのですが。そうそう 今 気が付きましたが、本だとどうしても都心部、大都市中心の情報にかたよりがちになるけど、プレイヤーからの情報提供となればそれら以外の地域の方の情報も同じライン上でわかるようになるし、この点でもネット配信は大変利点があるように思われるのですが。 勿論プレイヤーからだけでなくファンの方がお手伝いしたり、弟子がお手伝い(私のように)したり、クラブからの提供はもちろん公的・私的を問わず、色々な地域でのイベント、プロデューサーからの情報、 言い始めるときりがないなあ。 あと・・・・・・・・・・・・・(書ききれないので点々になりました)。
 メジャーのオールスターゲームがたった一通の少年からのハガキがきっかけになって、日本人選手もやれるという大変な夢にまで発展したように、たった一人のPC貧困プレイヤーの言いだしっぺサイトが将来どんな姿になっていくのやら。
もう想像はどこまでもいってしまいそう! (もうええかげんそのへんにしときや<影の声>)
 唯一 その場にいる全員の影響に反応してしまう即興音楽、これからはこれでしょう!!
だから みんなで 楽しみましょう この音楽を(その分ミュージシャンも日々精進するのだ)!!!!!

(やっぱり今回も‘力’が入ってしまった。今年の夏はよほど暑いとみえる)
                               

                  
                                                     新 太 郎