< シリーズ “想い”  その157>

 手  記 
【2013.8.25】
 やっかむ人は努力していない人。ねたむ人も同じ。ほんとに努力した人は、自分より素晴らしい人を目の当たりにした時に瞬時に、素直に尊敬できる。実際はストレートに悔しいんだが、そんな目の当たりの瞬間では反射的に相手を尊敬し、心から賛辞を贈れる。ただ、そのあと独りの時間が訪れた時に悔しさが込み上げる。しかし、その悔しさは次のステップの為のスターターになり、また努力をリスタートする。人はこうして成長するんだと思う。仮に頂点に達したとしても、常に誰かが惜しみない努力で迫ってくるので、頂に立ってる喜びにひたる時間はない。頂点に居ても浮かれることなく努力は継続しておかなければならない。

 本当の努力とはどんなものか? それは単純に、これ以上の頑張りがない状態。どう考えても、どう振り返って観ても、ここ10年、20年、30年、これ以上の努力は出来なかった、と言い切れるだけの頑張りを通して来ていれば、それは本当の努力と言える。私の言う「頑張る」とは無理をすることではなく、継続することだ。 たとえ1%でも、0.1%でもサボったかもと思える時間を過ごしてしまった場合、これは本当の努力とは言わない。何も、ひたすら楽器の練習をやり続けるというような話ではない。音楽の成長のためには曲の勉強やオーケストレーションの研究は必須だし、メロディーの出処を見抜いたり、共演者の真意を感じ取ったりするために一見ボォ〜〜としたような時間も必要になってくる。寝ている時でも夢の中でイメージトレーニングをしたり、病気になったら一分でも早く治すために静養したり、要するに何%音楽のために時間を費やしているかが問題で、それが100%の人は本当に努力している人、ということになる。

 では、この100%を維持するためのモチベーションはどうすればいいのか。 それは、世界一 を目指せばいい。

 その昔、「2番ではダメですか?」と発言した女性の大臣がいたが、2番を目指すのと、1番を目指すのとではそれこそ月とスッポンほどの落差がある。1番と2番の意味がまったくわかってなかったんだろう、TVでその現場を見た時は心底呆れた。なんと情けない大臣なのかと。これは、大問題でもある。こんなポジションの人がこのような発言をすると、ふらふらとその言葉を受け入れてしまう体質の人がこれまた実に多いからだ。気持ちはわかる。何故なら、1番を目指すというのはそれはそれはつらい目に散々出くわすことになり、2番で良ければつらい目は一気に激減し楽ちんな日々を営めれるようになるからだ。そして、今の日本のJazz界にはこのような2番、もしくは2番以下で十分と考えている人があまりにも多い。世界を目指そうなどと思っている人にお目にかかったためしがない。打ち上げか何かで酔っ払った勢いで、「オレは世界一のピアニストになるぅ〜!」なんて叫ぶ人は時々いるが、10年経っても実力もポテンシャルも何ら変わることなく、20代の若さが消え失せ始めると、むしろ技量は下がる一方というのがおおむねだ。

 日本の男子サッカー界がようやくマジで世界を見つめ始めた。まだほんの数人だが、W杯での優勝を本気で考えている。10年前、中田英寿選手も恐らく優勝してみたい気持ちは持っていたと思うが、あの当時彼以外でそんなことを考える選手は誰もいなかった。なでしこはW杯を征することで完全に息を吹き返し、市民権を勝ち取った。

 少々短絡的ではあるが、低迷する日本Jazz界が市民権を得るには、最低でも数名の同志が必要だ、世界を取る と言い切るほどの。

 世界一を目指す限り、人生に迷いは存在しない。たとえ道半ばで力尽きたとしても、その人生はとても豊かなものになるだろう。ああ〜、世界一のJazzバンドを作ってみたい、日本人だけによるメンツで!!

S h i n t a r o