< シリーズ “想い”  その156>

 3 5  Years 
【2013.7.25】
 ほんとにここ数日前に気づいたばかりなんだが、今年でこの道 35年 になる。実に、、、色々あった。。。数々の失敗、経験、落ち込み、八方ふさがり、行き止まり、頭打ち、堂々巡り、裏切り、誤解、別れ、などなど。これらを負の経験と表するなら、私はこれらの負の経験に心から感謝する。これらの負の経験がなければ、今の自分はない、と断言できるからだ。恐らく、武士道とか柔道、剣道、弓道、書道、華道、茶道など、この‘道’とつくものは共通して いばらの道 であることは容易に想像できる。となると、私のこの35年歩んできた道も「××道」のようなネーミングがぼちぼちあって、十分いや十二分に世に認められても何ら問題のない立派な道であると言えると思うんだが、では何というネーミングがいいのかと考えた時に、これまでマスコミや世間話で稀に言われてきた Jazz道 とか Swing道 とかといったネーミングでは、やはり少し争点と焦点にズレが生じる可能性があるので、私は本日この場をお借りして、こうネーミングしたい。それは 音道 。読みは普通に<おんどう>ですかね。ちょっとヒネるなら サウンドウ (なんちゃって)。

 これまで歩んできた音の道。これからも歩んで行くであろう音の道。この音の道から見た人生、社会(世の中)、仲間、親友などの判断基準は、ものの見事に奏でる音にフィードバックし、まさしくプレイヤーの姿そのものを表現することになる。美しい音、ユニークな音、ちょっとひねりの効いた語り口、無欲な音、欲張りな音。音は、プレイヤーの人生そのものと音を奏でたその瞬間の心の状態を全て反映,投影してしまう。たぶん、全ての‘道’とつく世界でもっともわかり易く、ばれ易いジャンルであることはまず間違いないだろう。

 芸術であるはずの音楽。それがカテゴリー的に 音道 という‘道’の世界でもある所が、遠くビバルディーやバッハの時代から受け継がれてきた賜物なのかもしれない。そして、残念な話が、‘道’の世界というものには必ず‘型(かた)’という模範的な形態が存在し、ジャズにも当然クラシックにも、とうとうこの‘型’なるものが確立し始めて来ている。
 こういう技術を習得し、こういうスタイルから学び取り、こういったものに没頭し、後は二度とない事態を無心な境地で受け止め、自身の感性をひるまず提供すればおのずとスウィングしてくる。とまあ、こんな具合だ。確かにスウィングするまでの最短距離ではあるが、この場合、語り継がれるような特徴的なスウィングの登場には極めてなりにくい。 クラシック界でもジャズ界でも、近年新しい動きが訪れないのはこの‘型’のせいと言ってもいいだろう。長年培われてきたが故に登場した‘型’なんだが、この‘道’という文字のつく世界は全てこの‘型’が、ある意味邪魔をしていると言っていい。そして、型破りはいつの時代でも異端児扱いになる。‘道’になると保守的になってしまうのだろう。

 守るべきもの、もしかしたら守らなくてもいいもの、これまでにない新しい素材や要素。切り口全てをトータルした視点で見つめていく必要がある。


 とまあ、35年もやってると色々なことが解ってきていい部分もあるんだが、何もわかってない かけだし の頃のうぶな感性も、今となってはうらやましい所もある。ただ、感性を結実に導くためには、十分な苦労と工夫が必要なのは1000年先になってもきっと変わらないままだろう。
 いつまで寿命があり、いつまでやれるかはわからないが、頂いたこの‘生’に感謝し、思い存分 音道 を突っ走りたい。
 ああ〜、とうとう先が短なってきたなあ〜、いやホンマ!

新     太     郎