< シリーズ “想い”  その155>

 反 骨 心 
【2013.6.25】
 
 Swingするための必要な要素、改めて考えてみた。

これまでにもこのコーナーで何度となくこの懸案について語り、綴ってきたが、表面的な楽器の技術や経験、曲の理解に自身の音楽感の構築などは誰しもが助言する範囲。加えて、演奏時におけるフレッシュ感(初めての場面に接するようなわくわくドキドキ感)や、演奏前のたっぷりの睡眠に少々の空腹感、ステージ上での水の補給、タフなハートなどは必須事項。しかし、何より末永く大きく影響し絶え間なく自身を成長させてくれるのは当然内面部分である。この時、音に対して、楽器に対して、曲に対して、人に対して、場面場面に対して常に謙虚に接する事はよく耳にする話。さらに、音楽に対する探究心や継続力も当然。では、何が内面部分の最大の根幹なのか? それは『反骨心』ではないだろうか。
 もちろん持って生まれた才能は何よりだが、才能をもしのぐ土台になる可能性があるのではないか、と思っている。少々残念な話ではあるが、何故黒人プレイヤーに素晴らしい人が多いのか。音楽の才能を持って生まれてくるパーセンテージは、たぶんどんな人種もそう大きな差はないハズ。なのにこれほどまでの大差になっているのは? それは、言うまでもなく迫害や差別を起因とした、とてつもない反骨心が根源であることは歴史が語っている。次に優秀な人材を輩出しているユダヤ人もしかり。ビル・エバンスを始め多くの巨匠を送り出している。
 マイルス・デイビス語録でも、幼少期の人種差別が私の生涯を支えた、と語っている。もっとも、この話は本物中の本物になるにはどうなんだ?という切り口に発生してくる条件なんで、万人に必要という訳ではない。才能だけでも、または少々感がいい程度でも音楽はそこそこやれるだろう。しかし、この『反骨心』があるとないでは成長力や説得力にかなり大きな差をもたらすであろうことは間違いない。多少才能がなくとも、例えばマイルスはパーカーほどの才能はなかったが、人々に与えた感銘はサッチモにほぼ匹敵しているし、マイルスに関しては成長感も実にお見事だ。ということは、マイルスの反骨心はパーカーのそれを超えていた、ということになるんだが。


 とまあこんな神様的な人達からの例え話では、雲を掴むようなことになってしまうので、ちなみに思い起こせば私の場合、NY在住中でのレコーディングの際に録音エンジニア(白人)にモロに面と向かって「ファッ○ン イエローモンキーに音楽なんか出来る訳がない。このアスホールが!」と、レコーディングの真っ最中に言われたのが、今でも私自身を押し動かし、今日まで引き連れてきているのかもしれない。頭に来たようなもんではない。実に失礼極まりないし、いきなりだったし、ズバッとDNAに傷をつけられたショックは今でも鮮明だ。どうも中々作業が進まないなあと思っていたら、先ほどの一言がドピュンと放たれた。前日か数日前に何があったのかは知らないが、一緒にレコーディングしていた白人のピアニストはそのエンジニアの胸ぐらを即座につかんで「何を言ってるんだ、ふざけるな!」と激怒したが、そのエンジニアは態度も変えなければ謝りもしなかった。結果、サブのお手伝いのエンジニアが後を引き継いでようやく「EVOLUTION」の収録が何とか完了したんだが、帰国寸前にこんな事が待ちうけてるとは夢にも思わなかった。「今に見てろっ!」 この時、細やかながらも私の反骨心が始動したと言えるだろう。

 もう今となっては思い出のワンシーンだが、Swingするための重要なエネルギー源になっているのは間違いないし、私にとっては最大のエネルギー源といってもいいだろう。
 これにもうちょっとの才能と技術、それに体格があればなぁ〜〜〜、なんて欲張るとろくなことがないんだよね、これが。 何んだかんだこれまでの人生経験でこの辺のことはよ〜く分かってま〜〜す。(笑)
 にしても、なんだか今回も出だしの話から脱線してしまって、結局は自分の回顧録になってしまった。トホホ・・・・。まっ、思うように行かないのが人生ってとこですかね。(大笑)


新   太   郎