< シリーズ “想い”  その154>

 急 激 に、 ・ 
【2013.5.26】
 つい最近のこのコーナーで‘伸びしろ’の話をさせてもらっておいて今回の話はないだろう、と突っ込まれるのは確実なんだが、事実は事実なんで致し方ない↓。

 昨年の秋頃からなんだが、これまでぶっちゃけここ20年、さほど練習(さすがに調整程度の指慣らしはやっていたが)をやらずにやってこれていたんだが、ぽつりと技術の低下が見られるようになったので、当初週一日のペースで少し練習(いわゆる基礎連)を始めた。案の定これが上手く機能し、今年の年明け頃まではいい感じをキープしていたんだが、その後更なる技術の低下が始まり、週一日から週ニ日のペースにペースアップした。なのにそれでも歯止めが効かず、今では一日おきの要基礎連となっている。
 今の所だましだまし状態で何とか技術はキープしている感じだが、50代後半にどっぷり突入してしまった昨今、どうやらしっかりと押し寄せてきている。諸先輩達は、我々の世代をはじめとする後輩達にこれまでこの件に関して何ら語らず、匂わすひとかけらすら聞いたことがない。言うと恥ずかしいとか、プライドが傷つくとか、いちいちめんどくさいとか、それはそれは色々とご事情あっての事だと思うが、これほどまでに急激にせまってくるものなのかと、つくづくあっ気にとられている。

 この経験から言えることは、50代半ば頃までに、いや、出来ればそれ以前の40代の内に自身の音楽の確立と技術の構築の足場を見い出し、さらにその時点で少々かったるいかもしれないが基礎連を少しずつでも開始した方がいい、ということだ。もちろん、50代後半どころか60を過ぎても、例えば故ハンク・ジョーンズ氏のように80才を過ぎてもぐんぐん伸びしろを広げていくことは可能なんだろうが、どうやら思っている以上にかなりの精進をしていかないとそれはやり通せないようだ。その昔、ハンク・ジョーンズ氏と個人的に話をさせてもらった時に「60代は6時間、70代は7時間、80代は一日8時間の基礎連が必要で、私はできる限りそれを目指して日々トレーニングしている」と話してくれたのを思い出す。となると、50代では一日5時間ということになるので、これはもっとやらなくてはいけないことになる。一日おきの基礎連では当然NGだ。

 もうこの年になると音楽しか楽しみがないので、命のある限りまい進するだけなんだが、ここにきてポテンシャルのアップを念頭に、ぐっと気を引き締めていかないといけない事態になったようだ。とは言え、時間は限られているし、急なペースアップも逆に息切れ間違いないだろうし、結局はボチボチやるっきゃない。 マイペース、マイペース!!と、自分に言い聞かせてはいるが、ここから先の人生はどうもかなり大変な道のりが待ち受けているようで、これはしっかり覚悟を決めていかなければいけない。ああ〜、大変だぁ〜大変だぁ〜〜〜!!!

 私より年下のプレイヤーの皆さ〜ん、こんなことになって来るみたいなんでどうか私のようなことにならないようにね! そして、一手先、一歩先の準備と行動を!! にしても大変でっせぇ〜、年取るって。いや、ホンマ!

                                新  太  郎