< シリーズ “想い”  その153>

  評   価  
【2013.4.26】
 昨年暮れに政権が変わり安倍総理の元、復帰とは言えアベノミクスを掲げ、新たなスタートを切り、所信表明演説では「汗をかく人に公明正大な評価が下るような世の中を作る」という話をされたのは記憶に新しいが、この言葉の裏返しは「この世の中、実に不公平」ということだ。『怒り新党』でもレギュラーのお二人が口を揃えて「人類史上、結局は公平な世の中は一度も無かった」と断言している。実に正しい! 「正直者バカを見る」は、不公平によってありがたい人生を送った人物が言ったのだろう、かなりコケにしていると言っていい。

 今に始まったことではないし、あらゆるジャンルでこのようなことが横行しているのだから、今さら叫んだところで何の効力もないんだろうが、我々Jazz界にも当然不公平は根付いている。わからんでもないが、やはり過小評価の度が過ぎる。それはベーシストへの評価だ。日本に限らず、アメリカの前世紀の発祥の頃からの話なんで、もうみんなが当たり前のような感覚になってしまっているのが更に腹立たしく、悲しくもある。
 例えば、ジミー・ブラントン。彼はデューク・エリントンの相棒で、若くして自動車事故で亡くなっているんだが、クラシックのコントラバス界から見ても歴代で3本の指に入るという屈指のベーシスト。違うジャンルからも絶大な評価、しかも300年の歴史の中からの選りすぐりの一人であるにもかかわらず、Jazz界での彼の評価は、あくまでエリントン楽団の いちベーシスト。マイルス・デイビスは、もちろん彼のことを高く評価していたが、悲しいかなマイルスの独り言のようにしか思われていない。
 そのマイルスバンドのポール・チェンバースも同様だ。確かにJazz界でもっとも高い評価を受けているベーシストではあるが、彼の能力はマイルスにほぼ並ぶ、いやむしろチャーリー・パーカーに近いくらいの大天才なのに、やはり「いいベーシスト」程度の評価でしかない。
 こんな大天才の二人共がこんな具合だから少々、いやもの凄いことをやっても大きな評価になることは決してない。逆にピアニストを中心にドラム、管楽器奏者はパーカーやマイルスよりもはるかに下回り、どう見てもいい所が見つかりにくい程度なのに、信じられないくらいの高評価になっているケースが多々ある。何故なのか? 例えるなら、役者の世界でも主役は歴代ほぼ全員が大根。素晴らしいのは常にわき役。つまり、敏腕ベーシストは脇役専門ということになる。だからと言って主役を張って、涙が止まらないようなメロディーを奏でたところで、直ぐに飽きられてしまうのも事実。結局この実態がある以上昔も今も、そしてこれからもベーシストの評価はたとえ才能がスーパーであっても‘並’程度にしか見られない。実に不公平だ。これではうかばれない。今後何年先になるか分からないが、天才ベーシストが登場して来ても数年でやるせない実態に気づくことだろう。関係者として誠に遺憾だ。
 野球やサッカーのキャッチャーやディフェンダーの評価は、もう10数年前くらいから実に正しくなってきている。Jazz界もすでに100年以上の歴史を積み重ねてきている世界なんだから、いい加減正しい公平な評価を下せれるようにならなければならない。

 もっとも汗をかくパート、もっとも過酷なパート、ダントツで音楽の勉強を要求されるパート、尚且つもっとも難しい楽器を操るという4重苦5重苦なのに、評価はいつも一番低い、というより無いに等しい。

 もっと考えてっ、もっと見てっ、何より最もバンドに貢献しているのに!!

 これを、ベーシスト以外の全パートの方々及び聴衆、さらには発信元のレコード会社,マスコミ,ジャーナリストの皆さんに声高らかに申し上げた〜〜〜〜〜〜〜〜い!!!

 ああぁ〜 すっとしたぁ〜〜〜。これでまた、明日から頑張れるぅ〜! たまにはガス抜きもしておかないと!(笑)


S  H  I  N  T  A  R  O