< シリーズ “想い”  その152>

 伸 び し ろ 
【2013.3.26】
 30数年音楽をやってきて、自分の残りの伸びしろがどの程度あって、何年ほどでその伸びしろいっぱいいっぱいまでやれて、その時の姿であるとかレベルであるとかが、ここに来てうすらぼんやりだが少し見え隠れしてきたように思える。
 残された時間を考えると「あともう少し」ということで、楽しみではあるが見ようによっては真逆の悲しみでもある。もっともこの世の中、ていうか人生は何が待ち受けているか分らないので、結局はどうなるか、どこまでいけるかは本人でも分からないのが現実であることは百も承知なんだが、それでも幾多の障害やそれこそ天災にみまわれたりしても、致命的でない限り「あの辺りまでは行ってみたい」という目標は芽生えて来たように思う。

 が、しかし、これってあくまで自分の中だけの楽しみであって音楽界全体の中ではどの程度役に立つかということになると、ぶっちゃけほとんど無効力だろうと言っていい。それは、次の時代を考えた時に何が必要とされるかが余りにも予測不可な上に、今、私自身が予測する自身の伸びしろの新境地も、全体から見れば恐らく旧式となる可能性が実に高く、何の役にも立たないと推測している。しかし、この点に関しては若いプレイヤーも同じテーブルの上で、例えばJazz界にセンセイショナルなものを持ち込んでいる若い世代のプレイヤーが何人いるかとなると、ここ20年では残念ながらそれは ゼロ と言うしかない。要は、何らかの貢献感がない限り、実質役に立っていないということになる。
 では、役に立つ為にはどうすればよいのか。それは、全てのプレイヤーに隠された、又は残された伸びしろがどのように形成されるかにかかっている、と言っていいだろう。年齢が若いほど伸びしろが絶大で、年配ほど少ないのは言うまでもないが、問題は年齢ではなく伸びしろをどう形成するかだ。
 恐らくだが、50才以上のベテランプレイヤーになるとおおよその見当・推測・イメージ・プラン等がある程度掴めてきているので、それらを見渡した上で伸びしろの形成に取り掛かっていると思われる。ただ、他人から見た時にベテランの伸びしろは、質感の向上は保障されるだろうが、意外性の点での期待感は薄くなる傾向ではある。それに対して、若いプレイヤーのそれは何より意外性という点での期待感は当然の事ながら絶大。ただ難を言えば、イメージや伸びしろ形成でのプランなどは皆無に近いのでこの点をどうするかなんだが、これまた実にありがたいことに、意外性というカテゴリーがこのイメージ力とプランの欠落を一気にカバーしてしまう可能性があるので、やはり若手への期待というものはいつの時代でも楽しみになる。

しかしながらここで大きな問題があって、若い世代のプレイヤーが取り違えがちなのが、意外性というのが単に変わっているとか、これまでにないものであるという認識になってしまっているという点だ。肝心なのは、アイディアややり口が音楽にいかに自然な形で組み込まれているかが重要な話で、いびつなのは意外性とは言わないということ。例えば世界的にそうなんだが、若い世代では変拍子が技量のものさしのようにまでなっているようだが、全体的に見て変拍子ばかりの音楽は実は何ら受け入れられていない。何故、受け入れられないのか。それはズバリ、いびつだからだ。バルトークやストラビンスキーの一部の作品ではものの見事に複雑な変拍子でありながら感銘を受ける。しかし、今の若手の変拍子ミュージックの感銘感は ゼロ と言っていいだろう。何故、感銘しないのか。それは、そのアイディアを音楽に組み入れる際にいびつな状況であることに気がついていないからだ。これは変拍子がいけないという話ではない。組み込み方に問題があるという話。いくら面白いアプリを開発してもスマホなりPCで作動しないのと同じ。又は、たとえ一旦作動してもすぐに問題が発生してすぐさま使い物にならないケースのような感じと言ってもいいだろう。
 となると、アイディアを組み込む前に基盤となる音楽そのものをもっと学ぶ必要がある、ということになる。音楽の基盤が分かっていれば変拍子ももっともっと活き活きしてくるはず。音楽が分かっていれば奇抜なアイディアも恐らく意外性に富んだものになり、それこそ長年に渡り多くの人に喜ばれたり、影響を与えたりすることになるだろう。では、出来る限り若い間に音楽を知るにはどうすればいいのか、というのが次の争点になってくる。

 とまあ話はコロコロ次から次へと展開してしまい、とうとうこんな所にまで来てしまったが、若いプレイヤーにはくれぐれも素直な見る目・聞く耳、楽器の鍛錬、謙虚な姿勢を忘れずまい進してもらいたいし、そうすることでより早い時点で音楽を知ってもらいたい。重複するが、いくらいい腕前とアイディアの持ち主でも音楽の基盤を持ち合わせていなければ、何の成果も結果も出ないということ。同世代ばかりで切磋琢磨のいいが、海外に拠点を移すとか、気になる先輩プレイヤーと音を共有する機会を増やすとかも、音楽を知る上でかなり有効な手段。「音楽って何?」、まずはここからスタートすることを何より進言する。何故なら、とても多くの若手プレイヤーが音楽を知らずに、ただ音を出してしまっているからだ。若い内はまだよく分かっていなくても何の問題もないが、この奥深い世界、尽きることのない世界を知ろうとしない態度であったり姿勢であったりしていては、まず才能がもったいないし、年を取った時にえらい目に遭いますよ!、と言いたい。

 いやはや、なんだか自分の事に始まり結局は若手への叱咤激励になってしまった。究極の理想は、若手もベテランも一緒に汗水を流し、切磋琢磨し、共に伸びしろに磨きをかけられるのが何といっても王道なんだろうが、世の中そう上手くいかないんだなあ、これが。それでも諦めず、一人でも多くの共に歩める若手,同僚が増えればこんな素晴らしいことはない。

新    太    郎