< シリーズ “想い”  その151>

♪  動  ♪
【2013.2.26】
 プレイヤーであるかぎり、誰もが日頃から散々様々な音源を聴いていると思う。初めて耳にした時の第一印象に始まり、二度目三度目と回を重ねていく時の感触の移り変わり。一回または数回しか聴いていないのに妙に耳に残るサウンドやフレーズ。何度聴いても痺れるシーン。しばらくするとやっぱりまた聴きたくなるアルバムや曲。落ち込んだ時に何となく救ってくれそうな作品。ハッピーでルンルンの時に後押ししてくれそうな景気のいいやつ。私もとにかくあらゆるシチュエーションで何らかの音源を聴いているんだが、実は音楽が好きになって(もうかなりになるが)ずっと変わらないあるパターンがある。もしかすると、私だけではなく数人、いや結構な人がそうなのかもしれない。それは、何ぬきなしにたまたま耳に入ってくる曲で、それまで何度か同じものを聴いているのにもかかわらず、突如あるシーンに心を奪われ、曲はどんどん進行していくんだが、エンディングを迎える頃になっても、まだ先ほどの心を奪われた所の響きにすっかり取りつかれ、さらに次の曲になっても尚、その感動が継続し、その日一日が終わって床につき、翌朝になってもまだ痺れたままで、それこそその日のライブでさっそくその影響が反映され、聴衆にも、もちろん共演者にも大変歓迎ムードで迎えられ、自身としてもなかなかの手応えでプレイ出来ることが時々ある。
 こんなことがあると有り難いことに、そこからバリエーションがわんさと発生し、しばらく(数日)はライブが盛り上がる。問題はここからで、やはり盛り上がると必ず盛り下がりがやって来る。この盛り下がり始めた時、先ほどのいい感触を思い出し、さっそく何くわぬ感じで、ある時は無作為に、ある時は意図的に選曲して心を奪われるのをひたすら待つんだが、これが待てど暮らせど一切やって来ない。そのうち何が何でもとあれこれするうちに、遂に心を奪われる瞬間がやって来る。しかしこのパターン、曲が終わるやいなや一切何も残っていない。「あれっ、何に感動したんだっけ?」

 楽器をやり始め、プロになった頃からだろうか、自然に訪れた感動はすぐさま躍動を開始し、形を変え、品を変え、余すことなく消化吸収し、充実した日々をすごすことができる。しかし、取りに行った感動は中身が空っぽで何の役にも立たない。たらふく曲を聴く。相当な時間を要する。実に無駄な時間を費やすことになる。こんなパターン、私だけなんだろうか? 希望的には同種族の方が存在することを切に願うが、実際どうなんだろう?
 別の言い方をすると、勉強しようとすると意外に何の為にもならない。逆に勉強目的ではなくBGMレベルの耳の傾け方程度のような時ほど何故かドキンとさせられ、これがむちゃくちゃ為になる。
 こんな具合だから一番困るのは、仕事の参考資料を渡された時だ。嫌がおうでも予習(勉強)目的なのでこれが中々耳に入って来ない。表面的な確認に都合がいいのはわかるが、今後の為になるかどうかとなると、これまでほぼ全滅。
 もうかなり以前にこの兆候に気づいていたので無理やり詰め込んだり、強引に勉強目当てで聴いたりするのは避け、極力何のてらいもなく、ジャンルに捕らわれず、曲や作品を耳にするようにはしてるんだが、それでも何年かに一度はつい欲が出てしまい感動を迎えにいってしまう。人間的ではあるがいつまで経っても、ほんと、情けない、・・・・・。

新    太    郎