< シリーズ “想い”  その150>

♪ やるせなや ああやるせなや やるせなや ♪
【2013.1.28】

 日本経済のみならず世界経済も全く同調して、もう来月・再来月の予測すら立たない状況になって、当然我々Jazzの世界も混迷している。どこに突破口を見い出せば良いのやら、どの方向に進路を取れば良いのやら、誰もが決断に手間取っている。
 そんな中、複数のヴォーカリストから同じ話が聞こえてきた。実質この話はヴォーカリストに限らず、全般と言っていいだろう。ただ、ヴォーカリストに限ってはほぼ殆どのケースということになるのではと思われる。話の内容はというと、少しでも多くの人にライブを聞きに来て頂けるようにDMやメール、電話、FacebookTwitter、ブログ等を活用して連絡を取ったり、お知らせを出して行くんだが、これに自分の時間をごっそり取られてしまい、ようやく作業をやり終えてもすっかり疲れはて、そこから練習したり自分の音楽または音作りを構築するにも、気力と体力が全くなくなってしまう。それでも若い間は体力がある上に、実践で経験を積んでいくことでなんだかんだ成長していくんだが、ある程度(おおむねプロ生活10年以上)の年齢になってくると、体力も低下し、実践でのスキルもだんだん効力がなくなり、結果、毎度変わらぬサウンドの質感でのライブの繰り返しとなる。 それでも以前はマメに連絡を入れることで集客効果は反映され、ライブはそこそこのにぎわいになっていたが、ここ数年、いや近年では一年未満かもしれない、非常に短期間のうちに集客効果が消え失せてしまうと、いうのだ。

理由は色々あるだろう、毎度毎度お知らせをもらってもそう易々とはライブハウスに足を運べないとか、単にお知らせに飽きてしまったりとか、最悪は変化のない音楽に飽きられてしまい、徐々に客足が遠のいてしまうというケース。
 プロのミュージシャンなら当然ほとんどのプレイヤーが多かれ少なかれ様々な媒体を通して集客を事前に促しているのだが、今の経済の現状が ぬかに釘 の如く苦労が報われない。さらに追い打ちが、報われないためにやって来る精神的ストレスによる食欲低下に体力減退で、音楽への意欲すら薄れてくることだ。

 現状、集客に力を注げば注ぐほど音楽意欲が損なわれ、長い目で見ればそれは音楽人生の終わりをも意味することにまで発展しかねない。だからと言って集客の手を緩めると客足は見事に比例し、しいてはライブハウスでのブッキングすら出来ない事態にまでなってしまう。じゃあどうすれば、、、というのがせっぱ詰まった現実問題で、建て前の見事な解答は、集客と音楽トレーニングのバランスを取りながらやればいい、ということになるのだが、そんなあっさり簡単なものではない。それでもやはり、音楽が衰退またはマンネリ化してしまうと聴衆には筒抜けで、親しい間柄でも足を運ぶペースが減ったりして徐々に離れていってしまうので練習と勉強、研究と試行錯誤は決して手を抜いてはいけないだろう。かと言ってとことん音楽漬けになると、今度は集客力が全くないということで、これまたライブのブッキングがままならなくなる。実にやるせない事態だ。

 結局この話、誠心誠意音楽と向き合った上で、可能な限り聞いて頂く方々との接点を大切にし、少しでも足を運んで頂けるよう最善を尽くすしかない。ぶっちゃけこの世界経済の最中ではバランスなんか計れる訳もないだろうし、無理をせず自分のペースで先ずは自分の世界の探究を続け、その都度の結果または現時点ということでライブをお聞きして頂くという方向になるだろう。後は、理解ある方々にどれほど巡り会えるかという天任せでいかんともし難いが、自力でどうにもならないケースでは他力本願になるのもいたしか仕方ない、という所か。 ああやるせなや やるせなや


                                 新  太  郎