< シリーズ “想い”  その149>

♪ Self  1 Self  2 ♪
【2012.12.24】

 もう、一年と少し前くらいになるだろうか、日頃教えている生徒に、「反射的世界と非反射的世界があるが、Jazzは反射的世界で全てを処理する世界だ」と何かの話の勢いで言って、その後何人かの生徒に同じ切り口で話をした所、全員に???とされてしまった。反射的世界の話はわかるみたい(これがわかればその反対の非反射的世界の話も自動的にわかる)なんだが、結局実際の演奏で反射的に何をすればいいのか、ということになり、大???状態になったといういきさつ。
 Jazzに限らずクラシックでもスポーツの分野でもよく言われる、集中とリラックス、をどうやればいいのか、どうやりくりすればいいのかの問題提議で、Jazzの即興演奏においてもこれはめちゃめちゃ重大な問題であり、巨大な壁でもあり、長年の懸案でもあるんだが、「これを反射的に処理すれば集中とリラックスを共存出来る」、と説いたつもりだったが具体性に欠けていた為に、生徒全員にほぼ全く理解されない結果となってしまった。

 そんな具合で悶々と年を越し、今年(2012年)になったんだが、やはり具体的な適切な言い回しが見つからず、何となく沈んだ日々を過ごしていたが、春頃に旅の仕事での遠征先でこの問題を関西のピアニストの竹下清志氏に打ち明けた所、「Self 1,Self 2」ってご存じですか?と切り替えされ、その場で説明を受け、当然感銘を受け、すぐさまこの話の出処である ガルウェイ氏 の著書を読んでみた。
 この本はテニスコーチのガルウェイ氏の話で、実はもうかなり前に出版された著書で今さらみたいな所ではあるが、テニスに留まらずスポーツ全般はもちろん、芸術関係やビジネスにもたいへん通ずる話の内容で、内面の、内面からの、内面による接し方を綴っている。疑ってしまえば何も得られないが、このSelf 1(セルフワン)Self 2(セルフツー)の話を上手く音楽、さらには演奏に結びつけられれば反射的世界の話が現実味を帯び、その感覚と接し方が見え、実効には少々時間がかかるようだが、ノープレッシャーの理想的なリラックスで尚且つ、いい感じの集中した作業(演奏)が出来る予感は十分にある。
 なぜ「予感」、とズバリと言い切れないかというと、私自身も只今取り組み中で、Self 1(非反射的世界)Self 2(反射的世界)Jazzの即興演奏にどう当てはめるかの試行錯誤中だからだ。30数年の経験から導き出した「反射的世界」と、ガルウェイ氏の「Self 2」のどちらがより実践的か、はたまたその合体型は存在するのか、という所で時間(試行錯誤中)がかかっている。そんな途中経過の話をわざわざするのは、この音楽(Jazz)の集中とリラックスの項目の重要順位がかなり上位で、しかもこれを軸に全てが始まり、全てが成り立つのがわかっている ― そう、まるで背骨のような存在と言えばいいだろう ― ので、今回この著書を紹介することにした。

Self 1Self 2のこの話をダイレクトに取り入れても良し、すでに自分なりにある程度何がしかをつかめている人は自己流をチョイスするも良し、もちろん合体型もいいだろう、もうすでに読んでいる人も結構いるのではと思うが、思わぬ予期もしないものに出くわす可能性をも大いに秘めているので、きっと毎日がわくわくしてくると思うし、それぞれの感性で取り組めるし、ホープリーな楽しみを伴った演奏ができ、そして「集中とリラックス」がゲット出来るのではと思う。ここで、Self 1Self 2 の説明とその内容を語ってもいいのだが、かなりの長文になるし、直接本人の文章から感じ取った方が間違いなくいいのでここでは割愛します。

 という訳で、まずはご講読を!!

  ― 著 書 ―

 著 者 : ティモシー・ガルウェイ

      (W. Timothy Gallway

 訳・構成: 後藤 新弥

  著書のいろいろ

  インナー・ゲーム

  新インナー・ゲーム

  インナー・テニス

インナー・スキー

  インナー・ワーク

  新インナー・ゴルフ

等、日刊スポーツ出版社

たくさんの著書作品がありますが、現在インナー・ゲームは廃盤状態なので、内容的にもまずは「新インナー・ゲーム」をお薦めします。
 それにしてもガルウェイ氏は上手く言い回したもんだ、こんな奥のそのまた奥の話を!お見事だと思います!!

S  H  I  N  T  A  R  O