< シリーズ “想い”  その 15>

♪新しい時代の幕明け♪
【 2001.7.30 】

 前回の“想い”でコピーは不可能かも?などとかなり先行した見方を提示してしまったけど、長い目で見て日本の音楽シーン、取り分け自分達が直接関わっているジャズ界にいよいよ本当の意味での幕明けがやって来るのではないか、いややって来てほしい、そんな“想い”があまりにもここんとこ凝縮して、まるで突然のパニックハプニングのように口走ってしまった。
 1940年代から徐々に(Jazzの)輸入が開始され草分け的なプレイヤーがまずは一石を投じ、次に楽器を操るテクニカルなプレイヤーが数多く排出してきた近年、しかし、それでもまだ何かが足りない。恐らくテクニカルな部分に関してはかなり申し分のない所まできていると思う、と同時にこれ以上の技術の上達に疑問と行き詰まりを感じているプレイヤーも少なくないだろう。
 一石を投じた時代が終わり、テクニカル上達の時代もほぼ終了しようとしている今日、どう見ても次の新たな問題点に入っていく以外の展開は考えられないと思うのは私だけだろうか。
偶然にもこの2001年という新しい世紀、老若男女がまったくの‘対等な立場’で踏み込んでいける、そんな新しい時代の幕明けを感ぜずにはいられない。
テクニカルも終わり、まねること(コピー)も終わり、歴史が物語る 「終わりは次の始まり」という法則は、今 新世紀を迎えている我々全員に体感できるすばらしいチャンスだと思う。大きなエネルギーはいるだろうが有意義なものになるのは間違いないと思う、思いたい(う〜ん、難しいなあこのニュアンス)。
 それは “ 個々の自己表現 ” 。 もちろん共通の分母を持っての話だが、勇気を持って振る舞う行動をお互いが許し合い、認め合う、そんな関係がかもし出す風潮が出てくれば、道は開けてくるような気がする。
 コピー,技術をある程度マスターしたプレイヤーは勇気を持ってこの行動を起こし、よき手本となり次世代のプレイヤーに受け継いで行きたいものだ。
現在‘一応’の到達点を迎え、いよいよ次なる獲物を狙っていきたい。

                               

                   
                             新 太 郎   

          SHINTARO−@ …… ちょっと‘力’が入り過ぎてない?
          SHINTARO−A …… まあ、たまにはこんなんもええかとも思うんやけど
          SHINTARO−@ …… そうか なあ?      らしくないやろ!
          SHINTARO−A …… 押したり引いたり
          SHINTARO−@ ……  ?  ・・・・・・・・・・・
          SHINTARO−A …… ・・・・・・・・・・・・・・・・!
           (二重人格時にありがちな会話)