< シリーズ “想い”  その148>

♪ 重 い リ ズ ム ♪
【2012.11.25】

 とかく、リズムの重い人のおおかたの共通点は、聞いてから出る、という習慣性に尽きる。

 Swingを目指すのにリズムが重いと、まず到達は不可。たっぷりめのリズムと重いリズムは全く別もの。よくこれを聞き違える人がいるんだが、ここはとても肝心な所で、‘たっぷりめ’というのは先月の話の5つのタイミングで言うD番にあたる位置でのリズムアプローチで、‘重い’というのはD番から完全にはみ出し、単に遅れている状態を言う。ちょっと厳しくなるが、これは音楽に参加していないのと同じことになる。ただ、初心者の頃はこの違いも中々聞き分けられないので、聞き違えるという結果になりがちなんだが、今回はこの重いリズムのとりあえずの解消法を紹介したい。

 ベースやドラムスは初心者の頃にフロントプレイヤーやピアニストから「もっと聞くように!」というアドバイスを受けるが故に、つい、聞いてから音を出す癖がついてしまう。もちろん聞くのは重要だし、アドバイスは正しいんだが、その次のフォローがないので、ただただ聞き、そして音を出すという作業の繰り返しを始めてしまい、結果、遅れ気味になり、リズムは重くなる。これはフロントプレイヤーやピアニストも同じことで、初心者の頃はついリズムセクションの音を聞き、さらに何がしかを確かめてから音を出す傾向になるので、やはり重いリズム感のメロディーになってしまう。かと言って、聞かないとこれは話にならない。

 先月の話に続き今回も比較的難しい作業の話になるが、私自身も初心者の頃はこの重いリズムに相当悩んだ。しかしある時ふと気づき、そこからは次第にではあるが重いリズム感がへり始めた。何に気がついたかと言うと、これは私に限らず恐らくリズムの重い人全員、必ず一つだけ曲中で重くならないリズムの1拍がある。それは、カウント後すぐの1発目の音だ。
 何故、カウント後すぐの音は重くならないのか。それは、どの音を出すかがカウント時にほぼ決まっており迷いが極端に少ないのと、何より聞く音と言えばカウントだけなんで、聞いてから音を出すのとは少し訳が違う上に、カウントによるタイムの下地が形成され1発目の音のタイミングが計り易い。ただし、私もそうだったんだが1発目以降はさっそく耳をダンボのように大きくし、聞き逃すまいとするために見事なまでに2拍目以降瞬時に重くなる。でも、カウント後すぐの1発目の音に遅れ感がないのに気づいてからは、この問題は徐々に解消されていった。すぐに解消されないのは、実践での慣れが必要だからだ。
 要するに、1,2,3,4,とカウントされると、次の‘1’のタイミングはカウント時でのタイムの下地があるので、ほぼ確実に音出しのタイミングが計れる。この下地が常に存在すれば次の音を出す時のタイミングは、ほぼ計って取れる。後は、経験とトレーニングで精度を上げ、ゆくゆくは心地よいSwing感ということになるのだが、問題は曲中にその下地をいかに保持するかだ。本当はここで少し考えて頂きたい所ではあるが、要領は、すでにプレイを終えたばかりのすぐ前の1小節の全拍をカウントと思い、それを軸に下地を設定し、今から始まろうとしている小節の1拍目、さらにはこの小節全ての拍をそのままのペースで過ごし、プレイし、同時にこの小節の全拍をカウントも込みの状態で歌っていけば、次の小節のための下地も形成され、次の小節の1拍目へとつなげ、そして同様の作業を連ねていくという流れだ。一見馬鹿馬鹿しい作業でこんなことでと思われるだろうが実践での効果は徐々にではあるが確実に現われる。ただ、この連続してキープし続けるのがとても大変で、忍耐力を必要とする。それでも、これを実践で習慣づければ重いリズムは次第に消え失せていく。当初のちくいちの頭の中でのカウント作業から、感覚のみのパルスの継続感に変わっていくはずだ。要は、すぐ前の小節とのかかわりが重要になってくるということ。
 とまあ言うは易し行なうは難しなんだが、この作業の際の大切なポイントは、必ず共演者との相互共有感(シンクロ感)、それはオーケストレーション(コード進行)であったり、強弱であったり、フィーリングであったりの共有感を保ちつつ行わなければならない。この相互共有感によって‘聞く’という項目も満たされ、連続カウント作業でリズムの遅れも解消し、後々には‘5つのタイミング’の領域も手掛け、Swingの楽しさと味わいを知ることになる。
 もう一つつけ加えると、ものには順序があるという話で、ドラムス及びパーカッションはオーケストレーションの熟知の必要はないが、それら以外の楽器では残念ながらオーケストレーションの学習と曲の把握がリズムの問題より先になる。何故なら、音を出すタイミングが分かってもどのピッチの音を出せばいいのかが分からなければどうにもならないからだ。とは言え、これまでの経験から言って、この両者はオーケストレーションやや先行型で並行して学んでいくのが、理解も習慣性も早くにゲットできるので躊躇なくさっそく並行して始めるといいだろう。

 先月に続き今回もざっくりのインフォメーションだが、この話をヒントに自分ながらの方法を見い出すもよし、このままやるもよし、何でもそうなんだがほんの些細な所に結構重要なヒントや突破口があったりするので、いつも何かにつけ注意を払う感性と感受性を持つことが大切だ。何ものにもとらわれない素直な感受性さえあれば、きっと生涯明るい音楽人生になるだろう。


 Keep Swinging!!

S  H  I  N  T  A  R  O