< シリーズ “想い”  その147>

♪  も、・・・ ♪
【2012.10.26】

 この話は特にリズムセクション用のかなり高度な話なので、初心者向きではない。プロでも10年以上の中堅以上のプレイヤーでないと恐らく解らないくらいの難易度の高い話。以前、このコーナー(“想い”)で何度か紹介したことのある‘5つのタイミング’の話を今回は一歩踏み込んで再度してみたい。下記に記しているのがその‘5つのタイミング’のおおよその概略図なんだが、その前に‘5つのタイミング’の大まかな話をしておかないと何の話やらさっぱり解らないと思うので、まずはそこから。

 平たく端的に言えば、演奏の際によく まえノリ,あとノリ といった言い回しを耳にすると思うのだが、1拍1拍進んで行くときのノリのちょっとしたポジショリングの話、と言えばわかって頂けると思う。
 どんどん拍が短くなっていわゆる‘走る’のではなく、逆にどんどんタイムが延びてテンポが遅くなっていくというのでもなく、単にやや前のめり、又は逆のゆったり気味の傾向で演奏するプレイヤーはかなりの数にのぼると思う。もちろんタイムが正確で走ったり遅くなったり、前のめりもなくゆったりもせず、淡々と拍を刻むプレイヤーも当然いるのだが、ジャズのSwingというリズムはタイムが正確ならできるというものではない。もちろん不均一なタイム感では残念ながら楽器の基本技術からやり直しということになるが、ここでは楽器の基本技術はおおよそクリアしているというのがまずは条件で、これに経験が加わってこないと今回の話はたぶん何も響かず、何のためにもならず、時間の無駄という事態になってしまうのだが、この‘5つのタイミング’の話が理解できない限りSwingするのはまず不可能と断言できるので基本的な話をすることにした。

 前置きが長くなってしまったが、さっそく概略図の紹介。

    @    ABC    D

          →      

         ( 概 略 図 )

 ただ数字を並べただけなんで図とは言えないかもだが、定義はBがジャスト、Aがやや前、Cがやや後ろ、@が許せるギリギリ前、Dが許せるギリギリ後ろ。@からDの間隔が1拍1拍進行していく際のオンの瞬間内の距離感というか時間幅。「オン」といっても耳が肥えてくると「パン」と手を鳴らせた一瞬に若干の時間的な幅を感じ取れるようになる。その幅を今、上記の@〜D(下線間)で表し、‘5つのタイミング’のポジショリング(位置関係)を表現していると見てほしい。
 まず、ここまでの話がチンプンカンプンの方はこの先の話を読まない方がいいかもだが、たとえさっぱり訳が解らなくても興味があればとりあえず目を通してもらうのは全く問題ない。

 手を「パン」と叩く、またはドラムのシンバルを「チン」と鳴らせた一瞬のサウンドの中にこれだけのタイミングが存在しているのをまずは認識することから始まる。ここで意外にというかとても重要な話で、「オン」の一瞬に「パン」とか「チン」と言ったり、思ってしまったりしてしまうと、やはり一瞬の点にしか感じ取れないんだが、Jazzの拍の取り方,感じ方の基本は日本語サウンドで言えば 濁点表記 で言う(または感じる)のが正しく、この場合「チン」ではなく「ディン」、「パン」ではなく「ヴァン」と言ってみるだけでそこそこの経験の持ち主ならこの一瞬にも時間的な幅を感じ取ることができるはずだ。ベースだと「プン」ではなく「ブゥン」とか「ドゥン」といった具合だ。こうすることで「オン」に幅が生じ、この幅こそがSwingという摩訶不思議で躍動的で感動的なリズムの誕生をもたらしたとも言える。そして、この幅と幅内に存在する‘5つのタイミング’の位置関係が解かれば、もうSwingはかなり間近な状態ということになる。Bは幅の中心位置で、@からDの間隔がいわゆる幅で、タイムは矢印の方向に進んでいくと見てほしい。

ベースは通常@〜Aの間で「ブゥン」とBeatを刻み、ドラムスはそれを受けてベースの打ったBeat位置からDまでの間でシンバルレガートを送り込むことで、まずは基本的なごきげんなSwingが発生する。リズムセクションの一員であるピアノやギターは、このベースとドラムスの位置関係を毎拍確認しておくのは必須で、尚且ついつでも位置関係を把握した上でのバッキングを心掛けることが重要な(将来の自身のスタイルにつながる)下地であり、基本であり、ここぞと言うタイミングで音を出せる技術を習得する必要がある。ぶっちゃけこれらの話を知らないピアニスト,ギタリストのバッキングは、せっかくベースとドラムスで構築したSwingをないがしろにするばかりでなく崩壊と失意をもたらすので真摯に向き合っていってほしい。

 とまあ、実に厄介そうな話の内容だが、ちょっとした感覚で一度わかってしまえば、維持していくのは簡単ではないがそう難しくもないでの中堅以上のキャリアの持ち主は是非トライし、ゲットしていってほしい。もちろん若手も積極的に向き合うのは大いに歓迎だ。ただ、一通りの経験がないと現場でどう活かせばいいのかが掴めないので、実際の活用は近い将来のためということになるだろう。
 メロディープレイヤーも同様に‘5つのタイミング’の位置関係の把握は必須であり、即興演奏におけるプレイの重要な下地になるのだが、メロディーの世界は「オン」の話に留まらず、オフ、さらには拍や小節をまたいだ表現のアプローチがあるので、じつは難易度はさらに増す。それでも今回の‘5つのタイミング’の幅の話には深い理解をしておいてほしいし、それはメロディーを歌う時のクオリティーに大きな影響を及ぼすからだ。

 話をリズムセクションに戻すが、さきほど「ちょっとした感覚でわかってしまえば、・・・・」という言い回しをしたが、実はここでとても大きな壁が存在している。それは、Bのジャストってどこ? 
 例えば、メトロノームを鳴らせると「カチッ」なり「ピッ」なりの所の中心部がBの位置ということになるのだが、実際の演奏では人間がやるもんで1拍1拍がわずかずつではあるが揺れ、流動的になる。この時、1拍1拍の「オン」のBの位置の見極めが実に難しい。Bの位置さえわかれば後は流れ作業の如く事は運ぶのだが、このBの見極めに何より時間を費やすことになる。見極めには経験しかなく、1回1回、1曲1曲を集中して何年も経ていかないとこれは判らない。
 どれほどの参考になるかはわからないが、コツとしてはまず「オン」の一瞬にも幅があることの認識と、日本語サウンドでの 濁点表記 で「オン」の一瞬を幅で感じ、幅への親しみと習慣性を持ち、幅の感じが掴み取れるようになれば、次にそのど真ん中がBの位置なのでそこからそれぞれの‘5つのタイミング’位置を確認するという作業になる。正確な目安ではないがおおよの幅の時間的な数値は、ギターの6本の弦を上から下へ一気に「ジャリッ」とカッティングした際の幅感が、@からDの時間幅と言っていいだろう。 ベイシー楽団のフレディー・グリーン氏のギターのカッティングがとても素晴らしいのは、この話を熟知しているが故のなせる業(わざ)と言える。
 習得する上でのサンプルとしては、フレディー・グリーン氏のギターのカッティングで幅の位置を知り、フィリー・ジョー・ジョーンズ氏のハイハットがとても見事なBの位置なのでこの辺りを参考にすれば、ゲットのための糸口になるのではと思う。(ちなみにアート・ブレイキー氏のハイハットはAの位置)

 とても先の話になるが、@〜Dのどこで音を出すか、どの位置が通常のサウンドメイク位置(場所)なのかでそのプレイヤーのスタイルの源になる。ベースのBeat位置である@〜Aの間だけでもほぼ無限大のチョイスがるので、自分がもっともしっくりいく場所を見つけ出すといいだろう。ちなみに、レイ・ブラウン氏のBeat位置は@をさらに超えた圏外型で、歴史上彼しかいない。ただ、ここでBeatを刻むと通常はどんどん走ってしまうのでオススメではない。この位置はさらにピアノやギターの和音との相性も極端に狭めることになり、孤立しがちになるからだ。ロン・カーター氏は@の真上、ポール・チェンバース氏はほぼAの付近で基本Beatを刻んでいる。

 音楽のちょっとした話、しかも今回は10分の1秒以下の時間幅の話なんだが、これでもあくまでインフォメーションにすぎないのに、こんなにも話がややこしく、長くなる。ホント、文字で音楽を伝えるのは至難の業だ。
 Jazzに興味を持ち、好きになり、愛着が芽生え、Swingに憧れを持つようになった方々へ、どれほどの参考になるかはわからないが、Swingの根幹部にこんな話があるということをほんのさわりですが今回ご紹介しました。後は丸投げで大変申し訳ありませんが、いい経験を積み重ね、モノにして頂ければと思います。



S  H  I  N  T  A  R  O