< シリーズ “想い”  その146>

♪ ま た し て も、・  ♪
【2012.9.25】

 ぶっそうな世の中に突入するのかなあ〜?

 ここに来て、尖閣諸島問題で中国国内でえらく暴動化しているが、戦争にまで発展するのだろうか? ただでさえ韓国との間で竹島問題がいよいよ先送りできない流れに入ってきているし、ロシアとの北方領土問題も確実に尖閣,竹島とリンク状態で、日本に対して中国、韓国、ロシアはおもしろがって手を組んで日本を追い詰めにかかるのは目に見えている。それらに見事なまでに歩調を合わせたかの如く、日本の現与党の政治家達は筋金入りの軟弱者の集団。当然、どうなるかなんて予想はそう難しくない。
 ロシアとの北方領土問題で、即戦争は考えにくい。韓国との竹島問題も雲行きはかなりあやしいが、激論による火花は散れど戦争にまで発展するにはかなり先のような気がする。しかし、尖閣問題は確実に緊迫状態の様相を呈している。

 なぜ音楽家がこのような話に首を突っ込むのかと思われるかもしれないが、ぶっちゃけ我々の世界のみならず、全てのアーティスチックなジャンルの職種は戦争になると一番に必要のないものになるからだ。つまり、即おまんま食い上げの死活問題が襲来する。
 もっとも、本当に戦争状態に突入するとなるとアメリカ軍が当然出てくるだろうし、いきなり昭和の世界大戦の時のような悲惨な状況にはならないだろうが、一旦戦いが始まってしまうとそう直ぐには終結しないだろうし、もうすでに来月以降の状況悪化は避けられない所にまで来ているし、取り越し苦労はかなり現実味を浴びてきた。音楽に純粋に取り組む前に、生き延びることを優先しなければならない事態になりそうだ。直ぐにミサイルは飛んで来ないだろうが、悲惨なシーンは少なからず見ることになるだろう。昨年の震災の時もそうだったが、何より戦争になってしまうとまたしてもミュージシャンは無能な存在に化してしまう。有事の際に何の役にも立たないでは、世の中への貢献度はいかがなものかと、つい追い詰めてしまう。

 それにしてもこの国、いったいどうなってしまうんだろう? 今の与党及び政治家、さらに官僚を含む関係公務員をはじめ、みんなして危機感って持っているんだろうか? 平和ボケ国日本、我ながら、あぁ〜情けなや!

                               新  太  郎