< シリーズ “想い”  その145>

♪ 教え上手な師匠を探すより、学び上手になれ!! ♪
【2012.8.26】
 いい師匠に巡り逢えるのに越したことはない。しかし、現実問題自分にぴったりFit する師匠に巡り逢うのは、宝くじの1等を当てるよりも難しいかもしれない。もし、最高の師匠と思える人がいる人は、とんでもないものを引き当てたと思っていいだろう。

 確かに、誰にも教わらないというのはたぶん何も始まらないだろうし、ある程度までは誰かに教わる方がいいのは間違いない。だからと言ってJazzは学校で習ってササっと出来る音楽でもない。サイエンスのダークマターではないが、どうしても言葉で表現できない、得体の知れない、でもとてもとても肝心な項目が実に数多くある。サイエンスの世界でも全宇宙にある物質はむしろほんの一握りで、それ以外の全く不可解なダークマターこそが大半を占め、しかも万物のカギを握っていると言われているのと同じで、Jazzもまた言葉では非常に表現しづらい話が大半を占め、そしてカギを握っている。
 Right ThereFeelThat’s it ! BoonBapSwingGrooveCoolTime,などなど、一応このような単語やフレーズに置き換えて言うには言うんだが、その真意を伝える術(すべ)が言語にはないのだ。もちろん、言葉で伝えられないことを音で伝えることができるというので、我々音楽の世界は値打ちがあるんだが、残念ながら音で伝えようとしても受け手の方でその真意を理解出来なければこの場合のコミニュケーションは成立しないばかりか、実に悲しい空気に包まれ、そのまま終了してしまう結果になる。そこで、今回のタイトルの話になる。

 日本にもJazzを深く探究し、かなりの域まで高めているプレイヤーは何人かいる。だが、その何人かの全員が教え上手であるとは言えない。むしろ、やはり言語そのものに限界がある為に正しい話を投げかけたとしても、表面的には何を言っているのやら、はた目にはあまり教え上手に見えないケースの方がはっきり多いだろう。それは、優秀な探究者であるそのプレイヤーが自分を高める為のみにこれまでを費やして来ているが故の、いわゆる「ボキャブラリー不足」というのではない。先に述べたように、世界のどんな言語で話そうが現在の language そのもののシステムでは、この音の話はほんの一部しか伝えることができないのだ。
 例えば、学校で教わることはせいぜい遊園地の砂場の砂粒の100粒程度でしかないのが現状。それはそれは気の遠くなるような膨大で大量の話が待ち受けている。それら全てを師匠から教わろうとしても教える側にも寿命というものがあるので教えきれないし、教わる側の努力というものがここで不可欠となる。この努力こそが今回のタイトルの「学び上手」の話であり、コツであり、きっかけであることは言うまでもない。
 師匠が言わんとすることは何なんだ、先輩が言ってることはどういうことなんだ、ズブの素人の人が言ったことが妙に気なるが何故なんだ、とかいった具合に常にセンサー全開でいることが重要。そして、太陽を中心に太陽系が成り立っているのと同様にJazzもまた、Feelingという太陽を中心に音楽が成り立っているジャンルであるということが理解できれば、砂場の全砂粒が面白いように一気に把握し始め、この音楽のプレイする楽しさ・楽しみと、この音楽の存在意義と価値観が理解できるだろう。理解と把握が始まればもうしめたものだ。

 細かなノウハウも確かに重要だが、自ら進んで学び取ることは何より肝心である。学び上手になるコツはズバリ、Jazzへの情熱と愛情だろう。後は、個性豊かな結果が待ち受けるばかりだ。ただし、道のりは簡単ではない。しかし、時間をかけて得たものは最高の人生の宝となるだろう!!



S
  H  I  N  T  A  R  O

(ヒッグス粒子、ダークマター、火星探査車、今、ちょっとかぶれてます)