< シリーズ “想い”  その144>

 歌 の レ ベ ル ♪
【2012.7.27】

 先月、トランペットの大野俊三氏と久々に共演した。仕事となると実に30年ぶりだ。俊三氏とは何年かに一度お会いするので会うこと事態は少々ご無沙汰程度なんだが、一緒に音を出すなんてめちゃめちゃ久しぶり。なので、演奏前から相当な期待と楽しみだったんだが、いざライブが始まると一曲目から 口がポカン と開いてしまった。それは当たり前と言えば当たり前なんだが、リズムセクションを一切無視することなく、それでいて自分の言い分はほぼ100%通し切るが、リズムセクションを常にワクワクさせ、つまらない瞬間は一切ない。俊三氏のソロが終わってもバンド(リズムセクション)はしばらく楽しくてたまらない。いわゆるいい余韻が居残っているのだ。 
 二曲目以降もポテンシャルは落ちることなくハイテンション・ハイエクサイティングで1
stセット目を終えた。こんなにもスカッとした気分になったのは思い起こして、やはり30年前のNY滞在中以来だろう。そしてルンルンで迎えた2ndセット、セットの中盤で俊三氏フューチャーのバラードの時だ。おもむろに「Old Folks」を吹き始めたんだが、この時の俊三氏の「歌のレベル」に、完全に目が点になってしまった。とてつもなく深遠な所から多くを語らず、それでいて実に的確な歌。久々の共演だったが、こんなにも素晴らしいとは正直びっくりしてしまった。これほどまでにバラードを深い所から語れるなんて、NYにも世界にも彼以外でいるだろうか。確かに昔はマイルスやディジィー,クリフォード,ケニー・ダーハム,リー・モーガン、そしてルイ・アームストロングなどそうそうたる顔ぶれで存在したが、現存する中ではスタンダードをやる限り俊三氏を上回るプレイヤーはいないように思える。

 日本のマスコミが何故彼を大々的に取上げないのかという‘怒り’はまた別の機会に回すとして、先ほどチラリと述べたが、彼の「歌のレベル」の高さには本当に心底感動する。リズム隊とフロントでは少々違うが、この「歌のレベル」の話は最終段階の話とは言え全くもって避けては通れない話。個性ももちろんとても大切なんだがその前に「歌のレベル」の問題が存在しているのだ。この「歌のレベル」に到達後、好き勝手にやっていよいよ個性を伸ばす作業に入ると言っていいだろう。ただこの辺りは非常に微妙で、個性が「歌のレベル」を引き上げることもあるし、「歌のレベル」から「個性」という最終形態への移行というのもある。これは少々推測になるがフロントプレイヤーは「個性」が「歌のレベル」を引き上げる傾向が強く、リズム隊はその逆のパターンになりがちのような気がする。 ともあれ、いずれにせよ俊三氏との再会でますます楽しみになってきた。これまでおおむね基本的な話は解決してきていると思う。ならば、今この時期いよいよ基本から離脱し、自身を見つめ、この「歌のレベル」を目指し、歩み始める時が訪れたのではと思えるからだ。

 同じRaceの人がこれほどまでに歩み進み続けている。こんなに心を打たれたことがこれまでにあっただろうか。大野俊三氏、全くもって実に素晴らしかった!! 何だかとても大切なことを教わったような気がするし、また次回の共演の機会が訪れるまでには多少なりとも前進していたいものだ。そして、少しでも彼との距離を狭められているようにしたい。 
 いや〜、やっぱ Jazz はいいよ!!!


S  H  I  N  T  A  R  O