< シリーズ “想い”  その143>

 違  い ♪
【2012.6.30】

 時折りだが、海外からのプレイヤーと共演すると、白人,黒人を問わず、根本的な音扱いの違いを感じる。こちらもなんだかんだ長年やって来ているので、結果的にはというか表面的にはというか、お互いそう大きな違いはないんだが、根本の始まりに違いを感じる。
 産まれた所が違うんだし、種族も違うし、当然骨格も違う、話す言葉も違えば習慣も違う。違うことづくしで話の広がりようがいきなり難しいところなんだが、現在のアーティストレベルのプレイヤーの大きな基盤として、西洋及びアフリカに発する音を重ね合わせていくことによっての音楽作りの手法と東洋、特に日本の「間()」を最大限に活用しての音楽作りの手法の‘二種類’(あくまで大別だが)がある、と言える。
 西洋は音を重ね、和音とフレーズ、モチーフにメロディーを重ね合わせていく。アフリカは様々なリズムを次から次へと重ね合わせ多種によるポリリズムを形成し、そこから発するうねりがグルーブをもたらす。一方東洋、特に日本では古来から「間」を基盤に音楽が作られて来た。一見、三種類のようだが重ね合わせていくというくくりでは西洋とアフリカは同種と言える。
 現在、ウェイン・ショーターやキース・ジャレットなどの巨匠達のほとんどがこの‘二種類’の基盤を元に音楽を構築していっている。どんどん音を重ね合わせる感性と「間」というセパレート的な相反する手法のコンビネーションによるスタイル作りと言ってもいいだろう。現在はこれらの要素を全て理解し、消化し、自分の体と感性というフィルターを通過させて出てくる音とその扱いを学ぶことで自己形成の基盤の構築を目指すことになっていると言える。いきなり大胆な仮説で少し話がそれるが、この類(たぐい)の新たな根本要素を発見できたプレイヤーは、きっと次世代の大巨匠になるだろう。

 話を戻すが、西洋とアフリカの音を重ね合わせていくという演奏の際の例えばタイムの感じ方は、西洋・アフリカでは仮に1秒間を捉えるのに、面でたっぷり1秒間を過ごすという感覚に対し、日本(東洋)では点と点の間隔という捉え方になっている。どちらがいいとかではない。このことによって根本が「間(点)」なのか、「重ね音(面)」なのかという大きな分かれ目になっている。
 問題は先に「面」に接し育っていくか、先に「点」に接し育っていくかで冒頭で述べた根本の始まりに違いが生じ、勉強の順番が変わってくる所だ。しかしながら、20年〜30年、それ以上音楽をやってくると要は現存する大きなこれらの根本要素は全て把握し、あとはそれらのバランスで自己形成されていくので、結局全種類を受け入れることになり順序の違いだけの話になるんだが、この話をしてくれたピアニストの 中村 君の話に大変共感したので、今回このコーナーに取上げました。


 この話の最大のポイントは実に現実的でしかも切実な話なんだが、日本のプレイヤーの多くがタイムを感じる際にほとんどの人が点と点、すなわち「間」として捉えている点だ。西洋人もアフリカ系人も音を重ねていくという手法で一致しているのでタイムを「面」で捉えるのが通常で、その基盤から歴史上多くの名曲・名演が生まれてきた。「間」で捉える手法も今やとても重要なのだが「間」だけでは中々音の世界の組み立ては難しい。ここが彼の主張する点だ。後はいかに「面」的な感性を養っていくかだが、これは個人個人がそれぞれ工夫するしかなく、また独自の工夫こそベストなんで具体的なノウハウは自己開拓になる。今回雲をつかむような話で、しかも彼の主張するポイントが上手く説明出来ていないと思うが、大変直面した大切な話なので、何とか想像を膨らませて汲んでくれればと思います。

 アフリカ系の人は「12音階」と「間」を、西洋系の人は「リズム」と「間」を、そして我々日本人は「リズム」と「12音階」を学ばねばならない。早い話が、どこで産まれてどこで育とうが、「12音階」と「リズム」と「間」はしっかり勉強するしかないってことなんだが、ジャズを志す皆さ〜ん、道のりは少々長いですがお互い頑張りましょうね!!

                              S H I N T A R O