< シリーズ “想い”  その142>

 叱 咤 激 励  ♪
【2012.5.29】

 先月のこのコーナーで、つい若い世代にゲキを飛ばしてしまったが、勢い止まらず今回も続編となってしまった。

 Jazzという音楽は残念ながら 楽ちん で技量が上がっていくようなジャンルではない。恐らく50年、100年に一人のような天才でも相当な苦労が伴うはずだ。今の若い世代の一番の問題点は全体的に非常にぬるい環境下にあること。とっても平和な日本なんである程度仕方がないかもしれないが、Jazzはそこに甘えてしまうと100%将来はない。つまり何年やってもスウィングしない音楽になってしまう。じゃあどう取り組めばスウィングした音楽になるのか?
 Jazzは誰それ風とかではこれまた100%サウンドしない。少々哀しい話だが、我々の上の先輩方の世代を筆頭に今の中堅どこの世代にかけて、プロでありながら誰かのマネをすることで、ウケ狙いとお手軽メイク路線に進んでしまう人達が少なからずいる。20代の頃は勉強ということもあり、模倣するのは大いに結構、いやむしろどんどん真に迫るほどの模倣をやってほしいくらいなんだが、30代に入ってくると自分を見つめ、自分の音色に気づき、自分の中から湧き上がってくるフレーズを真正面から取り組み始める必要が発生する。何故なら、Jazzは自分自身の中から発生した感性によるフレーズ,サウンド、テイストがない限り絶対にスウィングしないからだ。
 過去の巨匠をコピーし、心底真似てみると一時的にスウィングする。これは、その巨匠のエッセンスがとんでもなく膨大なエネルギーを持っているので、コピーした人間にまで乗り移り一時的にスウィングするが、これは長続きしない。これまでの経験から、やはり内から来るものでない限りスウィングは持続していかない。
 この時(30代)、とてもつらい状況下に陥ってしまう。つまり、自分を見つめてとなるとそれまで模倣してきたものが全て無効になってしまうからだ。誰もが、自分には何もない、と感じてしまうだろう。はたまた、大きな落胆がやって来る。ここで重要なのが、Jazzが実際問題どれほど好きなのか? ということになる。これまで何かとよく言われている、‘好きなら何でも乗り越えられる’というやつだ。もし、そんな目の前に立ちはだかるとてつもなくドでかい壁にぶち当たっても、本当に好きならその落ち込みにも耐えられるだろうし、そこから這い上がろうともがき始め、それでも直ぐにはどうにもならないんだが、あれこれやっているうちに、真剣に取り組んでいる者にはいつの日か必ず糸口が訪れ、自分でも中々感じ取れないくらいの徐々にではあるが、自分の形成が始まり、やがて自分の音色に気づき、自分のフレーズがじわりと染み出し始め、自分のテイストが形作られ、そのドでかい壁も時間がかかるものの打ち砕くか乗り越えられるようになる。ただ、ここまでが実に険しく厳しい道のり。それでも、好きなら必ず壁をクリアし、見晴らしのいい所に到達し、自分の軌跡から自ずと自己のスタイルにも気づくことになるだろう。

 遥か昔の1940年代〜60年代のアメリカでは、とんでもない数のプレイヤーによる切磋琢磨があった。そのおかげで若くにして境地に達し、多くの才人を輩出してきたが、今はそんな大多数のプレイヤーがいないので倍率による厳しさはないが、代わりに自前で辛く厳しい領域に果敢に突入し、そこで切磋琢磨し、たくましくなってそこから抜け出てくるという経路をたどる必要性がある。この姿は過去の巨匠達からも必ず称賛されることだろう。自ら厳しい環境に飛び込み、揉まれ、それでも這い上がって来ることがどれほど人として素晴らしいことかが分かっているからだ。確かに、真実の道は厳しい。しかし、そこをクリアすることは人生の喜びにおいても絶大なものになると思う。

 勢い余ってつい叱咤激励を飛ばしてしまったが、心底そんな若者が一人でも多く現れることを切に願うし、そんな若い世代のプレイヤーと是非とも音を交わしたい。それはきっとお互いにとって素晴らしい経験と財産になるのは間違いないからだ。
 先月に引き続きくだくだと吐いてしまったが、自分が存在する中でのJazzは本当に楽しいよ!と言いたい。 先ずは、厳しい環境に。そして、くじけず、ひるまず、もがき、足らないと感じたものは勉強し、習得し、自分を信じて自分のスウィングを目指してほしい。誰のマネもしてはいけない、というのではない。内から自然と湧き上がってくる音、響きを感じ取り、つかみ取る。そうすればきっと素晴らしい音と音楽とJazzが待ってくれている!!

新    太    郎