< シリーズ “想い”  その141>

 ↓  ↓  ↓  ♪
【2012.4.26】

 ん〜、歯がゆい、・・・・。何故なんだ? こうも揃いも揃って。

 もっとも、こんなことを思い、口走ることこそ自分がそれだけ年を取ってしまったんだろうが、それにしてもなんだか情けなくなってくる。20代,30代の若手プレイヤーの成長速度があまりにもゆるやかなのだ。ていうか、ほぼ停滞状態に見える。確かに我々の世代の20才頃の技術に比べたら格段に向上した状態でデビューしてくるので、その時点では素晴らしく文句はないんだが、3年経ち、5年経ち、10年が経ってもほぼデビュー当時の技量のままでいる。普通、20代,30代なんて右肩上がり45゜の急成長するくらいの勢いの塊まり時期なのに、今の若手は周りの様子を伺い、まるで出っ張らないように細心の注意を払いながら関連を保つという手法を取っている。これってゆとり教育の産物なのか、兎にも角にも ぬるい! 確かに、愛と平和を唱えるのはアーティストにとって必須項目ではあるが、あまりにもお気楽。

 なんでこうなってしまうのか? 原因は一つや二つではないだろう。先のゆとり教育もその一つだろうし、世界で一番安全というこの国ならではの平和ボケもその要因だろう。ほかには、先に技術に手を出した分、ハートの出し方が分からなくなってしまっているのもかなりデカイ理由になっているだろう。でも一番に思うのはほんとにJazzが好きなのかな?と、疑問に思う。命をかけるほどの対象になっていない感をすごく感じる。後は若くして高い技術でデビューした際に、周りからべた褒めされ、もうそれで終了してしまっているケースも。
 大ベテランが年齢的な理由から徐々に勢いが低下するのはいたしかたない。それでも、多くのベテランは自分にムチ打って、とにかく前進をやめようとしない。ぶっちゃけ、プレイができないイコール生活が成り立たないので頑張るしかないんだが、若手の成長度には頭をかかえるし、嘆かわしくてたまらない。↓

 おしゃる通りJazz界は貧乏だし、野球選手やサッカー選手と同等もしくはそれ以上に努力し開花したとしても、稼げる額も3ケタは少ないので頑張りがいがないというのは解らない話ではない。もしお金をどうのこうのというのなら、即音楽はやめた方がいい。アーティストは金の勘定が出来ない者の集まり、自分をどう表現するかしか頭にないのが普通。と、思っていたんだが、今の20代,30代は自分をどう表現するかなんて、ほとんど思ってもいないようにも見えてしまう。少し前までは、これも時代が変わったから、なんて思ったりもしていたが、どうもこれは時代の問題ではなく単にやる気の問題のように思える。

 中堅,ベテランサイドの反省点としては、若手の教育システムの問題。これは、技術先行型に問題あり。後は、もっと叱りつける という大昔の手法が少しはあった方がいいのかもしれない。親に叱られたことのない人は大成しない。他人に叱られたことのない人も同様。テクノロジーは日進月歩、もの凄い勢いで進化しているが、我々アーティスト、特にJazzの世界は昔ながらの勉強法がもっともいいのかもしれない。コピーひとつ、昔はレコードを何度も何度も聞いて、音の並び,和音,リズム,フィーリング,奏法など、目で捕らえられない分、耳と想像力で培って来たが、今では映像と印刷物で一目瞭然。たぶんここで想像力が退化し、その為に創造力が乏しくなり、自己表現にもつながらず、目標設定も出来ず、これに平和ボケとちょっと褒められたことでの有頂天が加わり、10年経っても20年経っても平行線状態になるのかもしれない。

 とにもかくにも今の20代,30代は全員、はっきりまだまだなのを先ずは自覚してほしいし、自分がイケてるなんて思うことをやめ、真摯に取り組んでほしいものだ。ことなかれ主義も、もうこれっきりにしてほしい。


 あぁ〜あ、年 食ったなあぁ〜〜 ↓


                          S H I N T A R O