< シリーズ “想い”  その140>

 ジ ャ グ リ ン グ ♪
【2012.3.26】

 歴史を紐解くと時代や経済が低迷している時は見事に文化・芸術も大きな変化はない。何故なら、文化・芸術というものはそういうものだからだ。活発な時代には活発な芸術が出現し、それがのちに文化という地層になっていく。

 今は世界経済が実に混沌とした状況にどっぷり入ってしまっている。なので、時代を反映すると言われる芸術も当然激変はなく、なんとなく手を変え、品を変えが続いている。 エジプトを発端にアフリカ諸国が一堂に立ち上がり大きなうねりが始まるのか、ユーロ破綻でヨーロッパが危機的状況になり、一旦は壊滅的事態から再建という大きな動きになるのか、ロシア、中国、北朝鮮に激変が訪れ、そこから世界情勢の新たな勢力分布の変化が起きるのか、この国の政治家の不甲斐なさで国内が大混乱になるのか、先のことは全く分からないが、いずれにせよすぐさま大きな流れが始まるとは思えない。もちろんうねりの時代がやってくれば、その時芸術も同調し、新展開を迎えることは間違いないだろう。

 しかぁ〜し、、、だからと言って今の時代 ぼぉっ〜 としていい訳ではない。大きなうねりの下地となるべく、この時期の取り組み方にはことのほか深く見つめ、熟考し、試し、練り上げておく必要がある。ただ、今現在の世界経済の低迷感より遥かに停滞感漂うジャズ界の動きは我ながら情けない。新人が出現しても5年と持たない。中堅層がいくら充実した内容の音楽をやった所で、それは当たり前で済まされ、草分け的大ベテランにはもう元気がない。クラシック界は僅かながらだがまだ公的な支えがあるので、火が消えてしまうことはないだろうが、ジャズ界にはそんなものはカケラもないので自力で勝負する以外手立てはない。この低迷ぶりはいったいどうやれば打開できるのだろ? 
そんなものは一人一人が心底発奮すればいい、と言葉では簡単に言えるんだが、問題はこの現象が世界レベルで生じている所にある。思っている以上に大規模で、思っている以上に深刻だ。だがいかんせん、ほとんどのプレイヤーに風前のともしび感がなく、ただただマイペース。もっとも、芸術はマイペースでないと何も生まれて来ないので、これでいいのだが、つい何かきっかけはないものか?と思ってしまう。

 そんな折、TVCMでジャグリングをする青年が立派な技を披露するも、誰にも見向きもされず練習の日々を過ごしている所に、さらに若い少年がキーボードを持って現れ、そのジャグリング青年を誘い、地面に置いたキーボードに向かってジャグリングをやらせるというこのシーンは実に興味をそそられる。確かに、ジャズはまさにジャグリングそのもの。凄いんだが何とも地味。そこに全く別の何かとのカップリング。何だか、何かありそうな気がしてきて、このCMは妙に勇気づけられる。

 何かのきっかけ、出会い、偶然、ひょんな閃き。もちろん、これまでの技術と経験がなければ何かが訪れてもモノにはできないので、これまでの苦労は無駄ではないのは分かってはいるが、いよいよもって技術と経験だけでは次のシーンはない、というのがはっきりしてきたように思える。出会い、きっかけ、ひょんな閃き。出会い、きっかけ、閃き。出会い、きっかけ、閃き。出会い、きっかけ、閃き。・・・・・・。
 ああ〜、何だか歩く時にきょろきょろしまくりそうな気がしてきたぁ〜。ヤバイ!かなり恥ずかしいかも〜、・・・・・。

                                 新 太 郎