< シリーズ “想い”  その139>

 丸  3  年 
【2012.2.26】

 Green Noteのインシュレーターとフェーズスタビライザーを使い始めて 丸3年 になる。

 耳というものは味を感知する舌同様にだんだん慣れっこになってきて、飛び切りいいものでもしばらく経つと普通レベルにまで成り下がってしまうもんなんだが、丸3年経った今でも、この器材のありがた感は3年前とほとんど変わらない新鮮な驚きと不思議感に相変わらず満たされている。
 とにかく音色が格段に良くなり、たくましくなり、音の通りが良くなるのだからアコースティック楽器を扱うプレイヤーにとってこれほど助けになるものはほかにない!梅雨時でも湿り感がなく、一年を通して音の立ち上がりに勢いが宿り、何よりレコーディングの時のマイクのノリが絶品だ。ぶっちゃけこれまでそこそこの数のレコーディングを経験してきたが、この国でベースの音を上手く拾い上げてくれるエンジニアは一人もいなかった。だが、こちらからこれらの器材(インシュレーター&フェーズスタビライザー)をスタジオに持ち込み始めてからは、あれよあれよと素晴らしいエンジニアにみんなが変身するのだ。それがベースだけではなく時間と共に同じ部屋、同じ空間で録音している限りほかの楽器のマイクの入りもとても良く、全体のバランスまでもがいい感じになってしまう。この時エンジニアは単に自分の耳の調子がいいと判断してしまうんだが、残念ながらそうではない。

 私自身の話に戻すと、これらを使用するようになってから格段にやれる範囲が拡大し力感、スピード感、アンサンブルでの細部に渡る配慮感も、まるで次元が完全にワンランクアップしたかの如く音の見え方が変わってしまった。この見え方のお陰で、これまでの巨匠達の音扱いにおける視点までもが感知されるようになり、さらには自分の音楽の発展の為のいい意味での指針にも大いに役立ってきている。
 3年前はこんな魔法のようなものを使うといずれ怠けてしまって自分がダメになってしまうのではという不安もあったが、これほどまでの展開と広がりがやって来ようとは、その当時全く想像できなかった。恐らく音扱いの次元の変化までは、さすがの製作者の杉岡氏とてイメージはできていなかったのではと思うのだが、今度お会いした時にはこの点において大いに語り合いたい。

 インシュレーターとフェーズスタビライザーはとにかく音には+(プラス)の要素が満載だ。ただ、しいてネックと言えばインシュレーターに関してはお値段かな、ということになるのだが、製作者の長年のご苦労と巨額の投資話を聞いているだけに、このお値段は+(プラス)要素を考えればはっきり言って逆に破格のお買い得価格と言える。最初に来るのは確かに高値感。この高値感が解消され、お得感に変わるのに3年。この時間が何よりネックだろう。
 フェーズスタビライザーも枚数が増えるほど効果は比例して限りなく絶大になってくるので何枚も欲しくなるのだが、だからと言ってもこちらにも事情というものがあるので、そうは次々と枚数を増やすこともできない。ま、こちらの方は最初っからお値段に関してはお手頃感があるので手は出し易いんだが、最終的に枚数に比例して音と音場の質感がぐんぐん良くなるので、はっきり厄介だ。こちらは、この厄介さがネックと言えるだろう。

 それでもこの投資は余りあるハイレベルなリターンがある!「何とかの上にも3年」ということわざがあるが、この製品の目指す世界観とそれを実現してしまう実力は確かにタダものではない、と感じる。過去にガリレオ・ガリレイやニュートン、アインシュタインといった空前の大天才がいたが、複雑なものを単純化してしまう製作者である杉岡氏のセンスと知性は、彼らと同等のものがあるのではと私なんかは評価している。これは別にこの製品の宣伝をしているのでもなければ、製作者からの依頼で綴っているのでもない。製作者ご本人には無断で書かせてもらっている。恐らく本人がこのコーナーを目にしたらびっくりされるのではと思うが、あくまで私個人の真っすぐな評価を述べているに過ぎない。
 インシュレーターとフェーズスタビライザーを使い始めて丸3年経って思うのは、『 実に素晴らしい!! 』



                S H I N T A R O