< シリーズ “想い”  その 14>

♪もはや不可能♪
【 2001.6.28 】

 Jazzの世界のスタイルでの大きな発展,変化は近年随分減ってきてしまっている。
時代が動けばまた新しいスタイル,飛躍はやって来るだろうが、なにせ現存する音楽の中で唯一の即興音楽、何といってもリスクは“生もの”、やってみなければわからない。これも時代の大きなうねり(例えば60年代)があればそのエネルギーを自然にもらい受け、常に生き生きとしたサウンドが展開されるのは決して難しい話ではない。
しかし、時代は止まり、日本に至っては経済危機にまで落ち込んでいる今日、時代を反映する音楽(特に即興音楽)は同時に滞っている。
大多数の人にはこのように映って見えるJazz界だが、何だかんだ芸術性の高いこの音楽、そしてこの音楽を愛しているミュージシャンはそう簡単にはへこまない。
ただし時代を反映する法則から逃れることは不可能なので、“一見”では変化は感じられないが、いやいやどうして、言わせて頂きますが、日々刻々とたゆまなく変化しているのだ! ただ“一見”で感じられないだけでよく見れば(聞けば)変化のスピードは昔も今もそう変わっていないと思う。
 例えば ピアノ。 普通ピアノは和音を弾く時に出す音の全てを均等な音量,タッチでプレイするのをまずは目指すのだが(これだけでも大変難しい!)、近年(今日)では出す音(和音)のどの音をどれ位強く,どれ位弱く、そしてその効果がもたらす響きぐあいはこんな感じになるだろう・・・・・。
はっきり言って和音の概念が例えば60年代とはかなり変わってきている。
こうなってくると、ここではこのように押さえてこのコードを鳴らせてとかという単純な問題ではなくコード(和音)内の一音一音の音量・タッチ・バランスが重要になって、巨匠ハンク・ジョーンズ氏に至ってはコピー不可。
もしコピーが万一とれたとしても、再現は百パー不可能。
特にハンクさんに関してはあまりの隠し味にただただ首を横に振ってはため息をつくばかり。
(プレイヤーから見ると) ベースも四分音符によるベースラインだけでなく、隠し味の為のピアニッシモノートを場面場面に散りばめながら、アンサンブルに必要な「感じ(Feeling)のための“空気の提供”」を考えてプレイするようになってきた数年前に比べ、今では、そのピアニッシモノートを踏まえた上でのピアニッシモノートの削除による簡素化されたベースラインが主流になってきている。そしてドラマーはこれらの隠し味・ピアニッシモノート・削除されたピアニッシモノートという鳴ってない音にまで気を配りながらのシンバルレガートとなってきている。
 60年代辺りまではコピーをしても再現もある程度可能ではあったが、進化を続けるJazzの世界は今となってはコピーとその再現はもはや不可能かもしれない。
 自分達の世代ではこんなようなものを掘り下げ、楽しんでいるが、次世代ではどんなことをやらかしてくれるんだろう。こんなことを思い始めると、300才でも400才でも長生きしてみたくなるなあ。
JAZZ界は永遠に不滅でぇ〜す! (どっかで聞いたぞ、これに似たようなやつ)

                               

                   
                                 新 太 郎