< シリーズ “想い”  その138>

最 短 で 最 善  
【2012.1.26】

 ジャズの勉強法はあまりのバリエーションの為に、もっとも効果的な方法を紹介するのがとても難しい。

 まず、ジャズが大好きであることが何より不可欠なのは言うまでもないが、興味を持ち、とりこになった後、どうこれを学んでいけばいいのかがとても重要で、この道のりがそのプレイヤーの全てを育むことになるのは周知の通り。楽器の修練に曲の理解、同時に和声学にこの音楽の基本システム(『音で会話をする』)の学習、リズムに関する諸々にアンサンブルワーク。具体的な話に発展して枝分かれに入ってくるともう完結には到底短時間では語り尽くせない。やることは相当な将来までぎっしり詰まっている。当然、これまでの過去の、特に巨匠達が残してきたもののチェック(コピー)は必須だし、一回一回一曲一曲の演奏の経験もとても重要な項目であることは誰もが口を揃えて言う所だろう。  特に、コピーと経験においては何を選択するか、何にぶち当たるかでそのプレイヤーの人生そのものを大きく左右する。共通項である楽器の技術の習得、曲の理解、和声学、この音楽の基本システムなんかはほぼ全員が同様のものを学んでいくことになるが、コピーと経験に関しては100人が100人とも違うものに接していく為に、個人の形成にとても大きな意味と影響を及ぼすことになる。中でも経験においては一回一回に反省を入れながらやるのと、脳天気にただ楽しむのとでは、時間が経てば経つほどその差は歴然となる。脳天気に過ごしていくパターンは短期集中型で、長年この音楽を楽しんでいくのが徐々に難しくなる。なので、プロ・アマ問わず長年やってる人は皆、大なり小なり反省付きのライブ経験をしていくことになるんだが、具体的にその反省点をどう活かしていくのかとなった時に、色んな人と次から次へと接していくのは反省点を活かすことが思いのほか難しい。そこで気の合った仲間で、ある程度の頻度で共演しながら反省点を盛り込んでいくというのがもっともいいんだが、もっと効果的なのは、自分自身が心底尊敬出来るプレイヤー(年上、タメ、年下に関係なく)と出来る限り頻繁に共演の機会を設けることだ。そんな共演の機会で反省点を活かし、更なる問題点を感じ取り、それを少しずつでも解決・改善しつつ、一つ一つをそのプレイヤーに胸を借りる思いでぶつけ、その反応から様々な事象を感知し、考察し、それらを統合していくのがジャズを学び知る上で、それは最短で最善の勉強法と言えるだろう。この時大事なことはいちいちアドバイスを求めるのではなく、自ら察知し、問題提議し、解決していくこと。尊敬出来るプレイヤーは必ずその変化に気づいているので、この時の反応をしっかり見定め、更なる次項に取り組んでいくという作業の繰り返しを出来る限り丁寧にこなしていく。もちろん、たまの質問は何の問題もない。
 やれ毎日ブルースを奏でろとか、ビ・バップをやらずしてJazzは語れないとか、確かにおっしゃる通りだし私自身もそれは推奨するんだが、心底尊敬出来るプレイヤーとの共演経験はケタ違いの学習になる!と断言できる。結局、そんな優秀なプレイヤーと長きに渡って共演していく為にはどうでなきゃいけないのか、ということだ。おのずと休む時間も遊ぶ時間もなく、常に勉強と修練を継続するしかない。例えばそんな10年間を過ごせたとしたら、はっきりいいに決まっている、という訳だ。一つ付け加えるとしたら、若い間にそんな経験をした方がいい! もちろん年を取ってからでも効果は十分あるし、年齢を重ねている分じっくり腰を落として臨めるというのは、それはそれでかなりの充実感が得られるが、若い間の経験はやはり絶大になるからだ。

 ジャズは何かに影響を受けることで自分の中から何らかの新芽が芽生えていく。コピーをこなしていく過程でインスパイアーされ芽生えることも十分に考えられる。遠い海の向こうの遠い過去の人達からの影響の元で歩み、育んでいくこともとても自然なことだが、身近にいる心底尊敬出来るプレイヤーとの接触は何よりかけがえのないもので、その影響はことのほか大きく、濃く、そして自分とのフィット感に優れている。できれば10年くらいのスパンでつきあえば、相当な財産になるのは間違いない。ていうか、最低10年はやらないと恐らく、はき違える。
 私自身もその昔、現在でも京都在住のベテランギタリストの 寺井 さんや 中山正治(ドラマー) さんの両氏からは途方もないくらいのことを学ばせてもらった。もちろん、その他の人達からもありがたい学習はさせてもらっているが、彼らからの影響による自身の感性は、今では完全に基盤になっている。
 共通項を学び、ある程度演奏が出来るようになってくれば、そこで尊敬出来る人との長きに渡る共演をお薦めする。恐らく、数ある勉強法の中でこれが一番確か!そして最短!!




新   太   郎