< シリーズ “想い”  その137>

ジャーナリズム と 根  
【2011.12.27】

 メディアやマガジンなどで時々何度かピックアップされているプレイヤーのほとんど、いや全員がスウィングしていない。正確に言えば、これまで生涯を通じてスウィングしたためしがない。メディアやマガジンの報道の人達はこんなスウィングしていないプレイヤーを何故世に報じるのだろうか?こともあろうに スウィングが看板 というJazz界なのに。

 ジャーナリズム。それは、真実のことを世に伝える、又は伝えようとする主義のこと。

 古来、欧米に比べ日本ではこのジャーナリズムに大きな問題があるという。それは江戸時代のかわら版からすでに始まり、今でもその根幹に大きな変化はない。かわら版は当時の幕府の情報・情勢を報じるものだったのだが、真実を少し曲げることによって世間の人達を楽しませることが、ことの発端のようだ。現在では政治家(別に彼らの肩を持つ訳ではない)などの発言で、スピーチの語尾だけをピックアップし、さもそれが真意であるかの如く報じる様がそれだ。時々見る国会中継での答弁が、その日の夕方には大騒ぎになっているのはよくあるが、この様を見るとニュースを報じる側の姿勢そのものに対し疑問を抱かざるを得ない。そして何より恐ろしいのが、多くの日本の国民がそんな報道をうのみにしてしまう所だ。

 海外、特に欧米では、まずジャーナリズムというのがしっかりしていて、多くの人が真実を知ろうとするし、知らせようとする。しかしこの国では極端に言えば、知ろうとしないし、知らせようともしない。外国から見てこの点においての日本は全く理解出来ない、と大多数の人々が口を揃えて言う。
 さらにたちの悪いことに、ねじ曲げられた報道に対し反発したり、意見を言ったり、疑問に思ったりも非常に少なく、真実があること自体を直視しようともせず、本物や真実を嗅ぎ分ける感度・精度すらも慢性化から退化してしまっている。自分自身の判断すらも正しいのかどうなのかも、まるで先送り感覚で他人事のように適当な浅い考えで流してしまう習慣にまでなってしまっているケースが多く見受けられる。こんな体質が本質を見抜く力をなくし、真実への直面を嫌い、本物と偽物の区別が付かなくなり見分けられなくなるという傾向を生み出してしまっている。政治家が諸外国との取り引きや駆け引きに弱いのは相手が見抜けない為で、これはその一端として現れ垣間見える症状の一つと言っていいだろう。この政治家の話と表面的には少々違うかもしれないが、この体質はアーティストにも大きなハンディーになっているのは言うまでもない。我々Jazz界でもこの体質の為に、まだまだ少数ではあるが本物もしくは本物志向の優秀なプレイヤーが殆ど評価されることなどなく、そうでない大多数のプレイヤーに何故かお鉢が回るという流れが出来上がってしまっている。日本のJazz(恐らくクラシック界も同様だろうが)では、いいプレイヤーにいい評価が下されていないのが現状だ。これは、報じる側がスウィングというものがどういうものなのかを一切理解することなく、若いとか、女性であるとか、自分の触手に合致するとかという、実に個人的な判断で報じ、さらにその受け手側も本物を見分ける(聞き分ける)ことが出来ないので、言われたままについて行くという悪循環が定着してしまっている。見抜けていないという点においては、政治家のそれと全くの同属ということだ。
 残念ながら我々の世代でもってこんな国民的な体質改善など、あまりの難題でどうにもならないが、将来はジャーナリズムにのっとった真の評価が下る、そんな時代になってくれることをただただ願うばかりだ。

 もちろん今からでもメディア関連の方々の姿勢、考え方、ものの見方が一新され、一掃され、改められ、音楽が分かり、スウィングが理解でき判別できるようになれば、おそらく事態は急速に改善へと向かうだろうが、報じる側の立場の人達がこれまた頭が固いというのか、自分がかわいいというのか、真実なんて、本物なんて、どうせ受け止める側も何も分かっちゃいないんだからと、自分の考えを改めることなどこれっぽっちも考えない人が大多数を占めてしまっているので、一新し、一掃し、改めるなんて霞ヶ関の官僚を一掃するのと同等の困難さがあるだろう。
 この種族(国民)の根幹とも言える体質の一部分ではあるにせよ、こんなにも非常に嘆かわしい実態が存在してしまっているのだが、もうこれ以上目を背けたり、知らないフリをしたり、気付こうともしなかったりするのはぼちぼちピリオドにすべきである。報じる側、受け止める側に関係なく、多くの人が本物・真実を識別できる、そんな世の中(体質)になってほしい。

新    太    郎